2008年10月13日

ノイマン、ドヴォルザーク/交響曲第8番「イギリス」

os7183s.jpg
コメントいただきました我太呂さんに触発され
当時の日本コロムビア技術陣が
PCM機材をチェコのプラハに持ち込んで録音した
ドヴォルザーク交響曲第8番を聴いています。

1982年プラハ「芸術家の家」での録音ですね。

こてはとても洗練された演奏で、同曲のマイ・ベストともいえるレコードです。

新鮮な感覚に溢れていて、清新。
お国物としての惰性とか、
土俗的なある意味しつこさを感じたりすることが全くありませんね。

ノイマンはオーケストラをドライブし、
オケもまた前向きで自主性に富んだ演奏で支えていて
気持のよくなる演奏でもあります。

このレコード、1986年頃に堂島ワルツ堂で購入したものです。
デンオンPCMベスト・セレクション
特別価格・完全限定 1,800円 の文字が帯に印刷されてますね。

社会人になった最初の2年間は町田勤務で青葉台での寮生活
レコードなど買えませんでしたが、
当時、大阪勤務になり、連日堂島ワルツ堂に通ったものでした。

すでにCD時代となっていて
お店に行く度にLP売場は縮小傾向でしたが、
その中より選りすぐってLPレコードを買い漁っていたことが
懐かしく思い出されます。

これもその中の1枚ですね。
posted by fronte360 at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん、こんばんは。

辛うじて、昨日と今日の出勤は回避できましたが、体が衰弱しきっておりましたので、この2日間は、ほとんど寝ておりました…

ドヴォルザークの交響曲第8番は、去年、たしかチョン・ミョンフンさんの指揮で聴いた覚えがあります。実演はその1回のみと記憶しています。

昨日のN響アワー、取り上げていたのは、《モルダウ》と《ライン》。《ライン》はN響アワーのオープニングの曲でもあるので、タイムリーな話題でしたね。

あと、年末のN響の第9、チケットは一応おさえました。もう第9の話題が出てくる季節になったのだなぁ、としみじみ感じました。

では、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2008年10月13日 18:42
帰省より戻ってきました。

さすが3連休最終日、上り新幹線は満員でしたけれど、
30分ほど待って自由席で座れましたけど、通路に立っている人もいて、少々落ち着きない感じでした。

ということで、ずっ〜と寝ていたので、車中で音楽はほとんど聴けていません。

何はともあれ、明日からまた仕事、疲れが残らないことが重要ですね・・・って年寄りじみてますけども。

会社で連休の疲れを癒していた時期が懐かしい・・・(苦笑)
Posted by 安田裕隆 at 2008年10月13日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック