最近の記事

2008年07月26日

こんにゃくえんま散歩

毎日暑いですね。
しかも先日の地震で叩き起こされたりしたので、今週後半はぐったり・・・

会社のルールで、日本のどこかで震度6弱以上の地震が発生した場合、
連絡網を廻さないといけないルールになっているのですね。 参りました。

そんなことがあったせいか、今朝もいつもどおり5時に目覚めてましたが
あまり動く気にならず、ゴロゴロとしてましたけれど・・・
一念発起、7時半になってましたが、ゴミ出しついでの散歩に出発しました。

最初はご近所を軽く一周、朝食のパンを買って帰る程度のつもりだったのに、
歩いてみると意外と軽快で、たっぷり2時間も歩き回ってきました。

今回は、不忍通りより東側に入った裏道を南進、団子坂を渡って観潮楼へ。
この前の道路「藪下の道

080726_01.jpg

ここをさらに南進して日本医科大学へと抜けます。
ここから根津神社に入り、社殿でお参りをし、
唐門、楼門を抜けて神社を出て右折
いつもは下ってくるS坂を登りますが、足取り軽く、全くもって快調ですね。

東大地震研究所東大農学部にそって歩いて本郷通りに出ます。
本郷弥生の交差点を右折、西に折れて進みますが、
この交差点で懐かしい自動車を発見。

080726_02.jpg

トヨペット・コロナ1600S
小中学生の時によく見かけたクルマで3代目コロナ、1965年製でしょうか。
我が1972年製フロンテ号よりも健在のようで何よりです。

さて、この坂を道なりに下っていけばいいものを
本郷館を見たくて左折して脇道に入り、ここを曲がったものの・・・
どこを歩いているのか分からなくなってしまいましたよ。

それでも適当に歩いてゆくと、新坂(福山坂)
これを下ると樋口一葉の終焉の地・旧丸山福山町だそうですね。
この辺りは色々とあるようで、またいつか散策しましょう。

白山通りに出ましたが、交通量が多い
早々に白山通りを渡り、目的地の「こんにゃくえんま」を目指しますが・・・

適当に歩いているので、地理がよく分かってません。
趣きのありそうな坂道を見つけたので、ずんずんと登ってみたら、
善光寺坂というのだそうですね。

080726_03.jpg

信州の善光寺の分院が写真の坂の上に見えますね。
これを越えてさらに登ると、澤蔵司稲荷 (たくぞうすいなり)
ここの境内に入って、お参りをしたのですが、気分が軽くなったみたい。
パワースポットでしょうね。
お稲荷さんらしく狛犬はキツネさんでしょうが、
向って左は子供連れ、右は珠を持っています。 右側のキツネさんシュールですね。

080726_04.jpg080726_05.jpg

珠を持ったキツネさんの隣には
子供抱いた子育て地蔵さまもいらっしゃいました。
ここを出て、大きなムクの木の脇を通って坂を上りましたが、
なんとこの木の脇に、幸田露伴・文・青木玉さんのお宅がありましたよ。

坂を上ると傳通院。 ここは徳川将軍家の菩提寺ですね。

080726_06.jpg

大きなお寺なので、この写真を撮るために道路に出てみましたが
道路にそったところに大黒天の文字

080726_07.jpg

福聚院(ふくじゅいん) というのだそうで、
ここの大黒天は古式の戦闘的なスタイルであるのだとか。
境内に入りましたが、さすがに見ることはできませんでしたが、
とうがらし地蔵なるものを見つけましたよ。 色々とありますねぇ〜

さて、ようやくここからUターン
坂を下って「こんにゃくえんま」に到着しました。

080726_08.jpg

源覚寺というのだそうです。
江戸後期、目を患った老婆がこのえんまさまに祈って無事平癒し、
お礼にえんまさまの好物のこんにゃくを供えたのがその名の由来とか。

こんにゃくえんま」という、ただただ面白い名前に惹かれただけで
ここまで歩いてきたわけですが・・・ ここからは帰路になります。

白山通りを北上しても帰ることは出来ますが、
交通量が多くて面白くないので、こんにゃくえんま前から直進
菊坂を通り、本郷弥生の交差点へと進みました。

なおこの菊坂辺り、震災にも戦災にも焼け残ったのだそうで
駄菓子屋や銭湯など明治 ・大正の面影を残しているのだとか。
ここもまたいつかの散策ルートとしましょう。

本郷弥生の交差点からもと来た道を引き返しますが
東京大学農学部の門から中に入ってみることにしました。

080726_09.jpg

一応、農学系の学校を出ているので、ちょいと興味ありますしね。

ここを出て、元来た道、S坂を下って根津神社を抜け
いったん不忍通りに出たものの、交通量が多く、西側の脇道に入りましたが
須藤公園の手前で「講談社発祥の地」なるプレートを発見しました。
ここに講談社の社宅があるのですね。 モダンな高層社宅でした。

080726_10.jpg

さてすでに2時間近くが経過しています。
帰路はさすがに疲れが出てきたこともあり、逆に早足で歩いてましたが
須藤公園に入って目と心を休めちょっと呼吸を整えて不忍通りに戻ります。

080726_11.jpg

朝食の買い物をし、不忍通りを離れて谷中よみせ通り
ここ抜けて、そのまま直進して部屋に戻ったら10時前でした。

飲まず食わずで2時間ちょっと、今朝もよく歩きましたね。
シャワー浴びて体重量ったら、出かける前に測ったのと比べて1キロ減!!
でも、牛乳ガブ飲みして朝食をパクパク食べるから元に戻るのですけどね〜
posted by fronte360 at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん、お疲れ様です。

夏なのに、毎週文京区近辺を散策されているとは、タフですね。毎週、ちょっとした東京の歴史散歩を読んでいるようです(先週はあまりきちんと読めずにスミマセン)。こちらは、逆メタボ体型なので、夏場はかなり苦手です。さすがに散歩する気はおきませんでした。学生時代は、陸上の練習を欠かさずやっていたんですけどね…

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2008年07月26日 19:37
岩崎さん、いつもコメントありがとうございます。

運動は嫌いですけど、歩くのが好きなので、できるだけ歩き回るようにしています。

ところで・・・

モーツァルトのピアノ協奏曲は自分もストレスが高いときに愛聴していましたよ。 自分的には、ヒトケタや10番台の有名でない曲がしっくりとくるようでした。 個人的には第14番の第2楽章など繰り返し聴いたものです。

あとシューベルトの交響曲も第1〜3番、気分がスッキリしますね。
第4番も「悲劇的」との題が付いていますが、冒頭を乗り切って頑張れる曲だと思います。 シューベルトの初期の交響曲はいいですよ〜

こちらにはCDプレーヤもなく、DVDプレーヤもありません。
ノートPCがその代わりなんですね・・・
そろそろプレーヤも欲しくなってきましたよ。

でも聴いていると外出しなくなるので(苦笑)、またせっせと歩きます。 ではでは

Posted by 安田裕隆 at 2008年07月26日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック