2008年04月27日

ご近所のお散歩

うたた寝して目覚めたのが午前2時半
そのまま眠れずに今に至ってます(そろそろ寝るか・・気楽な単身赴任)

恒例というわけではありませんが、6時になったので、
奈良の自宅付近でもやっていたご近所のお散歩をしてみました。
じつは先週の土日もやっていたのですけどね。

まずは先週土曜日に見つけた本駒込図書館脇の公園
神明都電車庫跡公園というらしいのですが、都電が静態保存されてます。
都電にも貨物車があったんですね、乙2型というものでした。

080427_01.jpg

080427_02.jpg


ここから引き返し、動坂を横切り、本郷図書館鴎外記念室に向かいます。
道路が綺麗に舗装されて、お金持ちが多いのか、町並みも綺麗です。

080427_03.jpg

しかも歩道にはプレートが埋め込んであったりもして
不忍通りを歩くよりも、歴史の道を歩いているような気分でいい気持ち。

080427_04.jpg


途中、「虫の詩人の館 ファーブル昆虫館」という
長男が見たら喜びそうな建物を発見しました。
金土日のお昼から開いてるとのことなんで、昼から行ってみようかな・・

080427_05.jpg

団子坂にぶつかり、ここを少し登ったら本郷図書館鴎外記念室
24〜5年前、この坂を上って向丘2丁目の友人宅によく行ったものです。

080427_06.jpg


向丘2丁目って、夏目漱石の「猫の家」もあったそうですねぇ
森鴎外の観潮楼跡の銘板を読んで気付きました。

080427_07.jpg

ここから雨が降り出してきました(天気予報ハズレですね)。
来た道を引き返し、前回気になっていた須藤公園の中を抜けて不忍通りへ。

文京区内にはあちこちに公園がありますが、ここは滝や池もあり、
池の中の島には弁財天が祭られているようです。

080427_08.jpg


とにかく悠長に歩いていたのはここまで、
けっこう雨が本降りになってきたので、不忍通りを急いで北上、
途中、ショップ99で朝飯の食材を購入して午前7時に帰宅。

約1時間、それなりに有意義な散歩でした。
posted by fronte360 at 09:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都電の乙2型と6000系はいずれも丁寧な保存がされているようですね。塗装も新しい感じがします。それと、やはり明治以降のにほんの歴史の中心は東京だったということが光雲、光太郎、鴎外などの居宅跡があることでわかります。そういう点、東京の中でもいいところはいいですね。すべてとは言いませんけれど。道路の舗装も高反射舗装のようで夏の道路の熱を下げるよう努力されています。色のついた道路を夏に触ってもあまり暑くないはずです。私の勤務先はずっと大阪ですが、東京へ3年位だったら赴任しても良かったかもと思う由縁です。新しい散歩コースが見つかったら、ご紹介ください。
都電の紹介に思わず食いついてしまいました。
Posted by 我太呂 at 2008年04月27日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック