2008年04月18日

スィトナー、ワーグナー/歌劇「タンホイザー」

昨日、結局朝から荷物の梱包を始めて、お昼に送り出しました。
15個口、ま、こんなもんです。
荷物の送り出しのとき、これまで降っていた雨はあがってましたが

今日の東京地方は大雨みたい・・・
お昼に搬入なんですけどね、雨があがってくれることを願うばかりです。
で、そろそろこのノートPC持って東京に移動することにします。

44_2056-2.jpg新幹線の中ではやはりEGRかな
スィトナー指揮シュターツカペレ・ベルリンによるワーグナー、歌劇「ローエングリン」の第1幕と第3幕の前奏曲、歌劇「タンホイザー」の序曲、バッカナール、第3幕の前奏曲、ジークフリート牧歌

悠揚とした演奏を聴きながら東京へ乗り込むことにしましょう。

なお東京の住居にはまだネット環境が整ってません。
光が来ているようなので、こちらの方が早く敷設できるかと思案中ですが
いつになったら整うことやら・・??

某所からの不良アクセスするとしても月曜までネットより消えます。
ではでは

posted by fronte360 at 05:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スイトナーは大好きな指揮者の一人です。モーツァルトの後期交響曲を少しずつ集めていって、この前40番、41番を入手して一応そろえました。想像通りの軽い軽いタッチの柔らかなモーツァルトで満足しています。ワーグナーは持っていないのですが、きっとすばらしいものと思います。
どうぞ、東京へ行かれても継続して関西の音楽状況について発信を続けていただけるよう、お願いします。
Posted by 我太呂 at 2008年04月18日 08:45
皆様、こんばんは。

オトマール・スウィトナーさん…一時期はN響に足しげく客演されていたということですが、ここのところずっと消息不明になっておられる指揮者ですね。個人的には、シュターツカペレ・ベルリンとの、ブラームスのハンガリー舞曲集が気に入っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2008年04月18日 22:13
N響の打楽器奏者、竹島さんのブログを発見しましたので、リンクをば…

http://soundgarden.air-nifty.com/blog/

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2008年04月19日 22:50
自宅のネット環境は金曜日に開通しそうな感じです。 今は・・(^^;;

スィトナーさん、体調がよろしくなく引退状態だそうですね。
数年前のN響ヨーロッパ公演では楽屋に訪ねてこられたとか、スィトナーさんにとってもN響は特別なオケだったようです。

実演では感興に乗せて燃えあがる演奏だったようですが、安田がTVで見ていた30数年前は、ドイツの音楽の先生のようなしっかりした(けど面白味のない)指揮者のイメージだったのですけどね・・・
Posted by 安田裕隆 at 2008年04月21日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック