最近の記事

2008年01月15日

ホルヘ・ボレット

今朝も早朝覚醒ながら、いつもよりもまだ早く目覚めたので
PCでCDを新たに録音し、その曲をメモリプレーヤに転送したりもして
余裕を持って家を出たはずですが・・・

携帯電話を持って出るのを忘れたのに気付いて
慌てて家まで取りに戻っての大騒動。

それでも乗換え駅でいつもの始発電車を捕まえて、座って出勤・・・
だったら、いつももう少し遅く家を出ても良さそうなものですが
確実に座れる1本前の準急に乗らないと気が済まない、とは困った性分です。

pocl9818.jpgさて朝の通勤電車で聴いたのが
ホルヘ・ボレットのピアノ
シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団によるラフマニノフピアノ協奏曲第2番チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番の入ったCD

いわゆる2大ピアノ・コンチェルト
奥行きの深い録音ともあいまって、悠然としたした巨匠風かな。
でもチャイコフスキーの終楽章
気合の入ったオケに追い込みもかかって、堂々とした演奏。
ちょっと驚きました。

ホルヘ・ボレットは晩年に人気が出た印象で(レコード会社の戦略?)
人気が出てすぐに亡くなったような感じもしてます。

3079.jpgでも手元にあるエヴェレストのLP
ショパン・リサイタル」は宝物です。

ショパンなんて、と思っていた学生時代に
ショパンに光を当ててくれたレコードだからですね。

でも当時(30年以上前になるかしら)は、
JORGE BOLET って誰??
ってな感じでしたけれど・・・

posted by fronte360 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん、こんばんは。

>シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団

私は、この組み合わせが大好きでして、チャイコフスキーの三大バレエや、荘厳序曲「1812年」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」などが好みです。「本場フランスのオーケストラよりもフランスらしい音」とも言われますよね。ただ、昨年聴いた、エッシェンバッハさん指揮、パリ管弦楽団の「ボレロ」はフランスらしい、エスプリの効いた演奏でしたよ。

>ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番

アバドさん指揮、ジルベルシュテインさんピアノ、ベルリン・フィルの演奏が好きです。

>チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番

アバドさん指揮、アルゲリッチさんピアノ、ベルリン・フィルの演奏が好きです。

アバドさん以降、ベルリン・フィルの音が軽くなったとよく言われますが、私は、アバドさん、結構好きですけど(少数派?)。

>ショパン

好きな作曲家ですが、ピアノを弾く身としては、「よくあんなに難しい曲を書いた人」というイメージです(苦笑)。どんなに努力しても、ワルツ集と夜想曲集までしか弾けそうにありません。エチュードやピアノ協奏曲なんて、弾けるだけで、その人を尊敬してしまいます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2008年01月16日 20:02
岩崎さん、いつもコメント有難うございます。

安田の時代とちょっとズレているところが、かえって新鮮でいいですね、そんな視点もあったんだなぁ〜 なんて思ってみたりもしています。

クラシック音楽って、ガンコな人が多いのには、ちょいと閉口しますよね・・・ な〜んて♪
Posted by 安田裕隆 at 2008年01月17日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック