2007年11月18日

橿原交響楽団 第15回定期演奏会にて

指揮者の小西収さんのもと、躍動感のある音楽を楽しみました。 これまでの橿響には無かった響きも感じたように思いました。

kashihara_so_15th.jpgドビュッシーの小組曲、1曲目の「小舟にて」の美しく響くアンサンブルにハッとしました。 失礼ですが、橿響からこのような響きが醸し出されてくるとは、ちょっと吃驚。 小西さんの独特の動き、テンポに導かれ、苦手なフランス音楽ですが、上品な昔のディズニー映画を観ているよう。 健康的な響きで流れるアンサンブルがとても素敵で、どの曲もとてもよく纏まっていました。 たっぷりと楽ませてもらいました。 小西さんと橿響、いい組み合わせじゃないでしょうか。

そしてメインのシューベルトのグレート交響曲。 冒頭こそアンサンブルに隙間を感じましたけれど、尻上がりに調子に乗せてゆき、最後は躍動感のあるダイナミズムの大きな音楽になりました。 小西さん、独特の動きが更に拍車がかかって、フレーズの最後をちょっと伸ばしたり、テンポを揺らしたり、緩急つけたりと、9月に聴いたアンサンブル・フロイントとのグレートも彷彿とさせました。 フロイントでは先鋭的でしたけど、橿響は時に底力のある響きで応えて健闘。 堂々とした演奏は立派でした。 大きな拍手を贈りました。

そしてアンコールのロザムンデから舞踏音楽第2番。 この曲ではオーケストラの方々も緊張が取れたのでしょうか、もっと伸びやかになっていて、小西さんとともに演奏を楽しんでいらしたのではないでしょうか。 舞踏音楽らしく一緒に踊りたくなるような感じも受けました。 明るい響きを基調にして弾む音楽。 存分に楽しみ、明るい気分のまま会場を後にしました。 いい演奏会でした。
posted by fronte360 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 05〜12-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【感想】橿原交響楽団 第15回定期演奏会
Excerpt: 2007年11月18日(日) 13:30  奈良県橿原文化会館・大ホール ドビュ
Weblog: アマオケ大好き、クラシック音楽大好き
Tracked: 2007-11-25 08:33