最近の記事

2007年06月25日

トリップ、モーツァルト/フルート四重奏曲第1番

本業CMMIの職場(いわゆる顧客先)での歓送迎会

顧客先とはいえグループ会社、もっと言えばもともと同じ会社だった人が半数以上だし、これまでも別の仕事をやった人たちメンバーなので和気藹々ではありましたが、やはり疲れました。

アルコールは燃料のように飲んだりもしますが、最近とんと外で飲むのが億劫なんです。 しかし今回は、もと上司でもあるKさんの送別会。 任期満了と本人は申してましたが、役職離任で嘱託にならずに退職されます。 お世話になりましたので、これは外すわけにはいきません。

今夜はあまり話はできませんでしたが、別の機会を設けたいと思います。 ある意味、自分の人生の岐路も分けたように思いますしね。

さて、試験も終えたので帰宅時の電車内の勉強もしばしお休みして、モーツァルトフルート四重奏曲を。

tkcz79212.jpgウィーンフィルの首席だったウェルナー・トリップとウィーンフィルのメンバーによるウィーン室内合奏団による演奏。

トリップのソロは雅ですねぇ。 気持ちが和みます。

この曲、ランパルとアイザック・スターンによるトリオとの演奏で馴染んで、ロココ調の煌びやかな演奏で沁み込まれてますけども・・・ この演奏にはそんな派手さはないけど、自在に歌って気持ちいいんですね。

そして帰宅すると、捕獲して育てていた幼虫くんが綺麗な黒アゲハになってました。

とっても綺麗なんですよ! 気持ちがぱっ〜と明るくなりました。
明朝、逃がしてあげましょう。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック