2007年06月15日

ブラームス/ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」

梅雨入りとなりました。

梅雨とはいえ、昨日はちょっと肌寒い感じがして救われています。

学生時代、北海道の帯広なんてところで過ごしたし、その後2年間は横浜の緑区にあった会社の寮にいたこともあり、関西の梅雨は、蒸し暑くて・・ 年々耐えられなく感じてます。

ちなみにケニヤ生まれケニヤ育ちの人でも「大阪の夏は暑くて耐えられない」といわれているとか・・ほんまそうだと思いますよ。

crsa0002.jpgさて梅雨入りにあわせ、ブラームスの「雨の歌」を聴いてみました。

2月末まで、高知で仕事をやっていたときにNさんより頂いたCDです。 Nさん、Mさん、お元気にされているかしら。 Nさん、雨だと自転車通勤できずに大変やろなぁ〜と今でも思いつつ「雨の歌」を聴いてました。

清水まゆみ(vn)、廻由美子(p)のコンビが 2004年5月20-21日に小樽市民センター・マリンホールで収録したドラマティックな演奏。

一度聴いてすっかり虜になってしまい、愛用のメモリプレーヤに入っている録音ではいま一番古い転送になってます。 消せないのですね。
なお、ほとんど使うことはないけど、携帯電話のメモリプレーヤにも転送していたりもするお気に入りの録音なのです。

そんな楽しかった高知、次ぎの仕お事は不透明なまま現状に至ってしまい残念な状況。
しかし代って本業 CMMI が急速に立ちあがってきたので、昨夜も22時半まで会社にいたりしました。

気がつくといつも忙しく、人生を消耗していないか・・・なんて思ってみたりもしますが、とにかくあっと言う間に週末。
あと少しや、ガンバロ・・・日曜日はグレート交響曲が聴けますしね。
posted by fronte360 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック