最近の記事

2007年04月23日

ヴィルトゥオージ・ディ・プラハ、ヴィヴァルディ/四季


ブルーマンデー
なんか身体がダルくって、残業せずに早々に帰ってきました。

土曜日に休日出勤して作成していた高知のお仕事の総括資料、
今日一日中、ひたすらPCにむかって続きを作成し、
なんとかカッコつきました。

集めたデータより、実作業に限れば、赤黒トントンでしたね。
あとは上司の報告に委ねましょう。


dicd920219.jpgさて、ブルーマンデーの通勤時の音楽、
ちょっとでも明るく行きたいので、
いつもの DISCOVER のシリーズより
ヴィルトゥオージ・ディ・プラハによるヴィヴァルディ合奏協奏曲集「四季」

独奏は Ivan Zenaty イヴァン・ゼナティと読むのでしょうか。
清冽かつ艶やかなヴァイオリンが気持ち良い演奏ですね。

ヴィルトゥオージ・ディ・プラハによる「四季」では、
ヨゼフ・スークが独奏者になったもののあったはずで、
そちらは未聴ですが、こちらもなかなかのものです。

活き活きとしてて、綺麗によく纏まったアンサンブルはさすがですね。

カプリングされているヴァオリン協奏曲op3-6、op6-1もまたいいですよ。
op6-1の第2楽章、ヴィオラかしら、絡み合いもしみじみと聴き込んでしまいました。

posted by fronte360 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック