2007年04月12日

ヴィルトゥオージ・ディ・プラハ、シューベルト/ミサ曲第2・3・4番


風邪がぶり返したようで、頭痛が酷く、熱っぽくなってきたので
16時前に重い腰を上げ、早退して戻ってきました。

昨夕より同様な症状が出ていて、明日は休みかな・・・
と思いつつ帰宅したものの、今朝は思いのほか調子良く出勤したのですが、
出勤直後から、頭痛・悪寒・咳・くしゃみが入れ代わり立ち代り。

これらが一度にすべて出ると踏ん切りも早かったのですけどね、
仕事の一区切りもついたのでようやくリタイヤ。

しかし、この冬は一度も風邪をひかなかった・・と自慢してたのに、
3月以降、どうも体調が悪いみたい。 高知に行ってないからか・・・

さて、頭痛がするので、通勤時も真剣に音楽を聴く気力はなくて
DISCOVERのシリーズよりシューベルトミサ曲をチョイス。

dicd920228.jpg1815〜6年に作曲された第2〜4番
シューベルト18歳頃の作品でしょうか
いずれも美しい音楽に癒されました。

これらシューベントミサ曲
実はこれまで退屈でしかたなかったのですけれど、
身体が弱っているせいかな、
流れる旋律に身を任せていたら、ほんと気持ちいいんですね。

指揮者や歌手はそれぞれ違いますが、
演奏はヴィルトゥオージ・ディ・プラハ
合唱はプラハ室内合唱団とクレジットされています。

一時期、このヴィルトゥオージ・ディ・プラハという団体に興味が湧き
彼らのCDを集めてて、このCDもバークシャで捕獲したのでした。

しかしこの団体、改めて、その名のとおり名手揃いだと思いますね。
いいCDを再発見(DISCOVER)できたのは風邪によるタナボタかな・・・

しかし、しんどい・・・

子ども達も帰ってきたし、風邪薬(イコール日本酒)飲んで寝ます。 では
posted by fronte360 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック