最近の記事

2007年03月30日

年度末、バッハを聴く


3月もあと1日を残しているけれど今日は年度末。

遅れていた書類も届いて納品出来て一安心していたら、
別件では書類が足りない?との問い合わせもありましたが、
これは先方の勘違い。

定年退職される方もいれば、会社を辞める人、
来週より長期出張に出るメンバー、
それに、久しぶりに出会った人もいましたね。

自分の本業であるCMMIの仕事も一応のケリをつけるべく
診断票改訂なども進めてなんとか区切りがつけました。

何度4階と6階を往復したことやら・・・
結果として2,990歩しかカウントされてませんでしたが、
かなりぐったりとして帰宅。

電車の中では、久しぶりに内容を一新したメモリプレーヤより
グレン・グールドによるJ.S.バッハパルティータを鑑賞。

mbk42527.jpgうまく言えませんが
いきなり走ったり、歌ったり、
グレン・グールドのとつとつとしたピアノの響きに
J.S.バッハの普遍的な音楽の魅力と、霊感のようなものを感じました。

今度ゴールドベルク変奏曲旧盤を久しぶりに聴いてみたくもなりました。

じつは最初、
今回いっぱい転送した現代音楽をアレコレと聴いていたのですが、
元気がないと現代音楽はちょっとツライですね。

疲れたときはやっぱりJ.S.バッハモーツァルトかしらね。

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック