最近の記事

2007年03月24日

やっと年貢を納めて、Jazz? 秋本奈緒美


この前の日曜日の演奏会感想文、ようやく書き上げて公開。
やっと一息つきました。 年貢を納めた気分。

メールの返事など、何箇所か残ってますけど、まずは休憩。
高知から持ち帰った「司牡丹」をチビチビと始めてます。

この「司牡丹」もあと1本ですね・・・大切に呑まなくちゃ。

しかっし、演奏会感想文がノルマのようになってます。

感想文を書くために演奏会に通っているのか・・・
な〜んて錯覚しそうな感じ。
それでも期待して待ってくれている奇特な方もいらっしゃって
自分の鍛錬として続けてゆきますけど、確かに疲れますよ。
文才ないので6時間くらい平気でかかりますものね。

ということでホームページ更新中には
昨日買ったレコードで運命や未完成を聴いてましたけど、
アルコールも入ったことだし・・・ジャズ?のレコードです。

ジャス? と「?」がつくのはね、秋本奈緒美さんだから。
彼女がジャズシンガーとして「ROLLING 80's」で
18歳で歌手デビューしたときは鮮烈でした。 これがジャズかってね。

vih28084.jpg
これはセカンドアルバム「ONE NIGHT STAND
1982年の作品ですね。

「On a slow boat to china」「Sing sing sing」など
ジャズのスタンダード・ナンバーに亜蘭知子の訳詞。

笹路正徳の編曲はブラスを効かせたビッグバンド調、
ベースやシンセを強調したフュージョン調のアレンジなど、
秋本奈緒美さんの抜いた声を巧く歌わせてますね。

19才の秋本奈緒美さんの若い歌声ながら、
ずいぶんと洗練されて聴き易いジャズ系のアルバムです。

当時、その美貌というか可愛らしさで
一躍オジさん達のアイドル的な存在になってましたけど、
今の秋本奈緒美さん、また歌って欲しいものです。

参考:POP Music (秋本奈緒美)

posted by fronte360 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック