2006年11月25日

グリーン交響楽団 第18回定期演奏会にて


高谷光信さんの指揮によるチャイコフスキーの交響曲第1番、
颯爽としてカッコ良いのはいつもどおりですが、息づいた音楽に心踊らされました。

green-sym_18th.jpg今日もまた休日出勤、11月もまだドタバタやっていて、いいかげん疲れているし風邪気味なのですが、昼に職場を抜け出して吹田のメイシアターに足を運びました。

いつも聴かせてもらっていますが、統率のとれた巧いオケといった感じを今回も受けました。

ブラームスのハイドン・ヴァリエーション、
柔らかな響きを基調にしていて、ホルンの斉奏も素晴らしかったですよ。
高谷さん、丁寧に振り分け、テキパキと曲を進めてしっかりと纏めあげました。

シベリウスの交響曲第5番、
すっきりと美しく纏めたような演奏ではなかったかしら。
個人的にはもうちょっと粘り気も欲しい感じがしましたけれども。

いずれも、落着いて緻密に纏めた演奏といった感じかな。
曲の後半になると、ちょっと単調に進んでいくような感じも受けたのですけれど、
メインのチャイコフスキーは一味も二味も違っていたようです。

さっそうと進めた第1楽章、美しい第2楽章、伸びやかでカッコ良い演奏とした第3楽章、そしてメリハリを利かせて熱く歌いあげた終楽章。

どこをとっても見事な演奏、さすがロシアで勉強された高谷さん。 
自信に漲ったその指揮に、オケも巧くのせられたのでしょうね。

若々しくて美しいチャイコフスキー、素晴らしい演奏でした。 ただただ感激しながら聴いていました。
実はこの曲、好きなんですね。 だから、嬉しかったこともありますが、とてもカッコよく纏められていました。

疲れも吹っ飛びました。

posted by fronte360 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 05〜12-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【感想】グリーン交響楽団 第18回定期演奏会
Excerpt: 2006年11月25日(土) 16:00  吹田メイシアター大ホール ブラームス
Weblog: アマオケ大好き、クラシック音楽大好き
Tracked: 2006-12-02 20:46