最近の記事

2006年06月27日

アブラヴァネル、マーラー/交響曲第3番

雨の月曜日でしたね、今朝もまた雨が降って蒸し暑い。
子供を保育園に通わせていたころ、とくに雨の月曜日が憎らしかったな、なんて思いながら駅までの道を急ぎました。

汗だくになって、一息ついてマーラー第3番を聞きながら出勤、
さすがに長大な曲なので第5楽章にかかることに会社に到着。
帰宅時には、第4楽章から最後まで繰り返しききました。

08_4006_72.jpgアブラヴァネルによるマーラーは、ずっと明朗で健康的なマーラーだと書いてますけれど、それが一番良い形で演奏されているのが、この長大な角笛交響曲・第3番ではないかな。

コントラルト(Christina Krooskos)の柔らかい素適な声、オケの厳かな演奏が素晴らしい第4楽章。 子供の声が明るく響く第5楽章など、この指揮者とオケらしい味わいがよく出ているのように思いますね。

そして何より終楽章。 穏やかで、滋味あふれるが連綿と続きます。
これは演奏が緩いのではなく、演奏者の人柄以外の何ものでもないように思えます。 じ〜んときます。

1969年録音だと書かれていますが、録音も悪くありません。
アブラヴァネルマーラーでどれかチョイスしろと言われたら、この第3番か次の第2番だと答えると思います。 大好きです。

ちょうど聴き終わった頃、保育園に通わせていた長女が通う塾にお迎え到着。
今回はほとんど待つことなかったけど、時には30分ほど出てくるのを待ちます。
まだまだ子供に引っ張りまわされています。

posted by fronte360 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック