最近の記事

2006年06月20日

アブラヴァネル、マーラー/交響曲第6番「悲劇的」

今日は、不健康診断。
普通は、健康診断って言うんだけれど、不健康なところが暴き出されるので、不健康診断なんですね。

休日出勤して連日会社に行ってるし、昨夜も22時過ぎての帰宅。 食べてはいけない時間になってしまったので、アルコール燃料を補充しておきました。
これで朝から水を飲んではいけない・・・う〜コレきついなぁ〜 これで健康診断? やっぱ不健康診断。

08_4009_71.jpgそれはともかく、先日来聴いているアブラヴァネルマーラー、昨夜もまた第6番「悲劇的」を聴きながら帰宅しましたよ。

第3楽章 Andante moderato がしみじみとしていいですねぇ

マーラー交響曲第6番「悲劇的」は、インバル/フランクフルト放送響によるワンポイント録音が話題になっていた新譜LPが初体験でした。

当時すでにCD時代だったけれどLPで捕獲しました(CDプレーヤ持ってなかったし)、それにLPでは第10番のアダージョが付いてましたものね。 そうそう、新譜LPの購入って珍しいんですけど、自分への誕生日プレゼントでした(自分へのプレゼントって必要なんですよね・・・最近やってないような気がするけれど)。

それはともかく、鋭く切り込むような第6番「悲劇的」で刷り込まれましたし、このあとはショルティ/シカゴの合法海賊盤CDでしょ、このアブラヴァネルの演奏を始めて聴いたときのユルさ、とてももどかしかったんですけどね〜
でも最近はこれがとても魅力的なんです。 ああ、なんて人間的なんだろうなぁ、ってね。

特にこの第3楽章 Andante moderato を聴いていると、アブラヴァネルって誠実で優しい人なんだなぁ・・・なんて感じます。 アメリカでマーラー協会の会長を長年務めてられていたそうだし、その人柄もよく人望もあったのだと想像します。

ベルリンクルト・ワイルに師事していたギリシア人のモーリス・アブラヴァネル
だからってどうだってことないのかもしれませんけれど、もっと評価されていてもいいと思うのですけどね。
独墺至上(市場)主義の日本では、アメリカで活躍したというだけでは・・・なんて思えてしまいます。

posted by fronte360 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック