2006年04月14日

レコファン渋谷BEAM店 + 吉本新喜劇

水曜から金曜日まで町田出張。

水曜夜は23時にホテル帰着で、木曜夜はホテルに戻れなくて、午前様でタクシーで0時半になんとか帰着(いずれも飲んでいたのではなく純粋に仕事)だったので、レコファンも諦めてましたけど、大急ぎで行って参りました。 1ヶ月ぶりですね。

真っ先にLDの棚を見に行き、クラシックを探したら、なんと半分ほどに減っていて(幅として30cmくらい?)、あっという間に探索完了。 めぼしいもの1つのみ候補にしました。
あと映画のLD 100円投売り箱もすぐに探索終了し、ここからベタですけど、2つを候補にしてエレベータ前のレコード100円餌箱に移動。

ホントに汚いレコードがいっぱいの餌箱を時間がある限りサルベージ。
結果、捕獲品なし、巡り合わせが悪かったのでしょう。 以下のLDのみ連れて帰ることにしました。

■日BMGビクター: モーツァルト 歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 デッシー(S)、ツィーグラー(MS)ほか、リッカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団(BVLO-103〜4:2枚組:945円)
1989年4月ミラノ・スカラ座による収録とあります。 動くムーティを観るのは初めてかな? モーツァルトのこのオペラ・ブッファ、LPで持ってますけど(ベーム指揮)、ほとんど聴いていないので楽しみです。 解説:永竹由幸、千代田昌弘

100円の映画LDは以下

■日RCAコロムビア: 映画「未知との遭遇(特別編)」(SF070-5278:2枚組:105円)
TVでも観ましたけど、ロードショウを劇場でリアルタイムで観ましたね。 懐かしいなぁ。 この映画には映画監督のフランソワ・トリュフォーも出ているのが興味深いところです。

■日レーザディスク: 映画「E.T.」(オリジナル全長版)(SF078-1555:105円)
これもロードショウを劇場でリアルタイムで観ましたよ。 しかも結婚する前の奥さんと一緒に・・・別にスピルバーグが好きというわけではないのですけども。

新幹線の時間が迫ってたので、大慌てで品川に移動。
なんとか5分前に到着できて、トイレに寄っただけで、何も買い物せずに新幹線に乗れました(ホームに降りたら、入ってくる電車に注意、の掲示が出てたので滑り込みセーフかな)。

なお乗った新幹線車両には・・・どこかで見た顔が・・・

吉本新喜劇浅香あき恵さんが歩いているじゃないですか。
しかも後ろの席の人に何か渡したら、それがゴトンと落ちて、安田の席の下に(あき恵姉さんはそのまま何事もなかったかのようにデッキに移動)。
落ちた物は何かと見てみると、タカラの缶チューハイで、それを拾って渡した相手(後ろの席の人)は、なんと中恭太さんなのでした(ご本人には失礼ですが、彼のことを知っているのはちょっとコアな新喜劇ファンかもね)。
で、検札のときに通路反対側のA席には、伊賀健二さんがいるのも発見。
しかも、注意して見ていたら、通路を歩くかわいい女性は、おっ秋田久美子さんですね〜 じつは彼女のファンなんですよ〜 通らないかと内心思っていたんで、感激ですわ。

オペラのLD買って、新幹線で吉本新喜劇の方と遭遇するなんて、しかも秋田久美子さん(プロフィールの写真、変更すべきですね ⇒ コレ はどう?)を見ることができて、しんどかったけど、終わりよければ全て良し、幸せな出張となりました。

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜11-LP/LD/CD/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック