2005年07月10日

やまなみグリーネ管弦楽団 第20回定期演奏会にて


200507115774d646.jpg気合入ってましたねぇ〜 気持ちのよい演奏会でした。
熱い演奏を堪能しました。 

1年ぶりの京都府南山城村の大河原駅、関西本線の非電化区間なんで
加茂からディデールカーに乗り換えて、ちょっとした旅行気分も満喫しました。
今回は一家4人で行ってきましたが、みんなココが気に入ったようです。

それはともかく、演奏も素晴らしいものでした。

赤松有夏さんをソリストに迎えたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、
第2楽章が絶品で、このまま時間がいつまでも続いて欲しいと思ってしまうほど。

また、推進力のあるベートーヴェンの交響曲第7番も
各パートが織り成す響き、パワーだけに頼らない構成感の見事さも満喫しました。

1年に1回しか伺っていませんけど、これからも行きたいところ、そんな思いを強くしました。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 05〜12-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【感想】やまなみグリーネ管弦楽団 第20回定期演奏会
Excerpt: 2005年7月10日(日) 14:00  やまなみホール ベートーヴェン: 序曲
Weblog: アマオケ大好き、クラシック音楽大好き
Tracked: 2005-07-16 07:06