2022年05月28日

観光から本の歴史・書誌学へ

昨日は奈良のハローワークに行って、いわゆる失業給付の手続きを行ってきました。
少ないながらもすでに年金を頂いておりますので、誕生日前に手続きをすると、年金と失業給付のどちらかを選択することになります。 誕生日をすぎたので、退職時に会社より渡された離職票をもって行ったのでした。
次なる手続きは、次の6月3日の説明会に参加せよ、とのことです。

事前にハローワークの求職マイページを仮登録して作っておいたので、けっこうスムーズに1時間ほどで終わりましたけれど、知らないとところで知らない人と話をすると疲れますね。 ほんと最近、人的交流範囲が限定されていることに気づきました。 いかんですな。

さて、5/24「観光論」のレポート提出を終えて、次なる科目は「書誌学」と定め勉学を開始してましたが、今朝ほどようやくテキスト・サブテキストを読了しました。

書誌学を選択したのは、興味あったというよりも、テキスト「日本書誌学を学ぶ人のために」(世界思想社)が来年度から変更される予定です。 一所懸命に勉強してたとえレポート合格できたとしても、早めに試験を受けて単位取得しておかなければ、来年度はテキストが変わってしまうので、テキスト勉強そしてレポート作成からまたやり直し。 どうせ勉強するなら早めに着手しておこうということなのでした。

先人たちの情報を拾ってみると、レポート合格が難しいらしく、3回目でなんとか合格できた、なんていう話もありました。 レポート出して添削・採点されて戻ってくるのに1ヵ月かかるとのこと、先月末に出した美術史概論のレポートもまだ戻ってきてませんしね、3回出す根性も必要ですけれど3ヵ月かかる日数も馬鹿になりません。 なんとか一発合格を目指して頑張ります。

ちなみに書誌学、書籍いわゆる本が成立してきた歴史や江戸時代以前の古い書籍(和本)の体裁・各部位の名称などについて書かれてました。 なかなかに興味深いものだったので(けっこう細かくてややこしい面もありますけれど)本を読み進めるのは面白かったですね。

参考文献も図書館より2点ほど借りてますが、ネット検索は役立ちますね。
和書のさまざま −書誌学入門−」(国文学研究資料館)
これなどビジュアルで判りやすいですね。 こちらも眺めてゆきたいと思います。
posted by fronte360 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 22-奈良大学通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

読書台500円也

昨日、大安寺の講演会前に奈良の東向商店街にあるダイソーに寄って、500円の読書台を捕獲しました。
先月24日に捕獲した200円のはプラ製で、本を支える板の根元部分の出っ張り部分(蝶番がわりの突起)が一つ折れてしまいました。だまして使えなくもなく、またライターで焼いたゼムクリップの針金を通して補強もしましたけれど、現役引退となって貰いました。
500円のはスチール製。それなりの重さもあって安定感ありますね。さっそく観光学で使ってます。ページを押さえるバーがちょっと邪魔になりますけど、許容範囲かな。
これ、なかなか売ってなくて、ようやっと手にできました。大事に使いましょう。

20220521_205805.jpg
20220521_205952.jpg20220521_210103.jpg
posted by fronte360 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 22-奈良大学通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

「大安寺のすべて」公開講座

抽選に当たったので、奈良国立博物館に行って来ました。
考古学的側面から大安寺の魅力を探るもので、今までこのような出土品から大安寺を考えて来なかったので、新たな刺激を受けました。
講演のあとは実家に行かないといけないので、常設展示をざっと見てから(キャンパスメンバーなのでタダですし)、大阪に向かってます。
本展はまた後日確認に行きたいと思います(キャンパスメンバーだと400円ですし)。
20220521_150630.jpg
posted by fronte360 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朱元璋・洪武帝から観光へ

 昨日「東洋史特殊講義」のレポート提出を終え、次なる科目は「観光論」としました。
当初は流れで「シルクロード学」として西域の歴史かなと漠然と思っていましたが、またパソコンで「朱元璋」「洪武帝」などが一発で出てくるほど変換は鍛えられていますけれど、少々中国史に飽きてきました。 目先を変えます。 気分転換だけではなく、試験対策も考慮しました。

 18日、大学より「科目修得試験」の案内が届きました。 試験は6〜7月に予定されていて、その試験案内でしたが、試験申込が早ければ今月30日からとなってました。 都合6回に渡って試験が設けられていて、自分の都合にあう日・時間帯を選べば良いのですが、最後の申込が7/19必着となってますね。 レポートを提出しても、戻ってくるのは1ヵ月後だそうです。 確かに一番最初、GW前に出した美術史概論のレポートも戻ってきておらず、レポートで合格しないと試験も受けられないのですから、レポート提出を早めないと(6月中旬までにしないと)、試験が受けられません。 これに間に合わない科目は、次の試験(11-12月かな)を受ければ良いのですけれど、できるだけ早めにシロクロ決着つけておきたい性分。 少しでも多く受験できるようにとちょっと焦ってきました(4/20にテキストが届いて実質まだ勉強初めて1ヵ月なんですけどね、我ながら困った性分ですわ)。

 種々検討した結果、観光論のレポート課題はテキストを読み、テキストに6つある章のそれぞれを 500文字程度(全体で3200文字程度)に纏めることが求められています。 東洋史特殊講義のように、参考文献を3つ以上記載せよとの縛りがありません。 これで2単位確保へ、捕らぬ狸の皮算用ですが、これで進めることにしました。

 テキストを読むと「観光」は英語で sightseeing やなぁって思ってましたけれど、確かに直訳するとこれなのでしょうが、テキスト溝尾良隆著「改訂新版 観光学 基本と実践」(古今書院)では、tourism と recreation としていて、観光産業や観光マーケティングのことが述べられてます。 これはこれで興味深い内容だと思いました。 観光地奈良の端っこに居住している身としても、奈良大学で観光を学ぶのもよいことではないかと思います とにかく勉強することが楽しくなってきました・・・な〜んで言いながらも、その実、ちょっとでもラクに単位修得を狙っていたりしますけれど・・・

posted by fronte360 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 22-奈良大学通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

あおによし

駅の時刻表に載っていない16時11分発の特急電車があって、「あおによし」が運用されてますね。
今週2度目の遭遇でした。平日も運用されてるみたい。
20220518_161317.jpg20220518_161308.jpg
posted by fronte360 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月15日

PANAFACOM

机や本箱を整理して発掘したボールペン、ヨドバシのネット通販で互換する替え芯を見つけては復活させていますが、こんなボールペンを発掘しました。
PANAFACOMのネームの入ったPILOT製水性ボールペン。
PILOT Laureate REFILL 0.5 の芯が入ってましたが、今から35年以上前と思われる品なので、当然のごとく廃番商品。ですが… ネットはありがたいですねぇ。オート(OHTO)の水性ボールペンの替え芯C-305Pが適合するとのこと。さっそくヨドバシ・ドット・コムで検索すると、税込・送料無料の298円とのこと(定価税込330円)なので早速オーダーして復活させました。
シェーファーはブルーの替え芯、パーカーはブラックとしたので、PANAFACOMのPILOTはレッド!!ですね。
水性ボールペン、さらさらと軽い書き味。赤字での添削や注意書きにちょうど良さそうです。
20220515_203738.jpg20220515_203952.jpg
posted by fronte360 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 22-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

GW明けは、試験勉強で明け暮れた

GW中は前述のとおり、東洋史概論のテキストを読み、図書館より借りた参考書も利用してレポート作成に取組み、レポート提出を終えました。 次の科目に進もうと思いましたが、レポート合格後に(合格するか定かではありませんが)来たるべき、科目修得試験の勉強を先に片づけることにしましたけれど、これが思った以上に大変でした。

科目修得試験は、「設問集」が配布されていて、すでに出題される候補の10問が分かっています。 実際の試験時間に、この中より3問が提示されて、その3問の解答を手書きで書いて提出する仕組み(ノートや辞書などの持込は不可)なので、予め10問の解答案を作って覚えておく必要があるのですね。

GW前に「美術史概論」、GW中に「東洋史概論」の2科目のレポート提出を終えているので、この2科目の試験問題(合計20問)の解答案の作成(覚えるのは試験前にするとしてまずは解答案の作成)ですが、一度読んだテキストなんで、目星付いているし、ちょちょいと纏めるだけかなと思いきや・・・ 記憶容量の乏しくなった頭脳には断片知識しか残ってなく(中国史の前半なんてほとんど飛んでました)、得意技と自負していた美術史概論の日本仏像史ですら、解答として説明する文章に纏めるために、テキストを再読して、解答案の文章を作成するのにけっこう時間がかかりました。
例えば、美術史概論に「定朝様式と造像技法について述べよ」との設問がありますけど、なだらかな曲線と浅い彫り、背を丸めた薄い体つき、重量感を感じさせない美麗な仏像で寄木造りで作られている、というのはすでに知識としてピンときますけれど、これを解答として説明文にするとなると、小さめのレポート作成みたいでけっこう大変なのでした。

そして分かったこと!!

これまで順番として、レポート作成を優先させるため、レポート課題に何が出題されているのかをメモったのを作成し、テキストに挟み込み、レポートを書くことを優先してテキストを読んでいました。 しかし、科目修得試験の設問(10問)をメモったのを作成し、何が試験で問われるかを念頭に置きながらテキストを読むほうが良いですね。

昨日ようやく試験勉強を終え、次の「東洋史特殊講義」に着手しました。 この科目のテキストが放送大学の大学院科目のテキストを利用していることもあるせいか、最初読み始めたときには詳細な記載に面喰いましたが、科目修得試験の設問は、テキストのキモになる部分が出題されているようです。 設問を先に抑えることで、キーワードをひろってテキスト内容が把握でき、この科目修得の狙いも見えてくるような感じに思えます。

この科目、レポート作成もテキストを単に纏めることではなく、参考文献を集めて論述することが求められていますしね。 テキストの内容をしっかりと抑えた上でのレポート作成が必要です。 久しぶりに勉強している、そんな気になってきました(気になっているだけで、頭はなかなかついてきてくれませんけど・・爆)。

posted by fronte360 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 22-奈良大学通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

速攻! ヨドバシ 凄い!

昨夜10時半、ヨドバシ・ドット・コムにて、ボールペンの替え芯を頼みましたが、さっき14時45分頃に届きました!
どんな流通回路なんでしょうねぇ… でも、早く手元に届いて嬉しい。
しかも495円、送料ナシ。ゆうパックなんですけどねぇ。

買ったのは、アメリカ製シェーファーのボールペンの替え芯ですが、純正品は高いので、互換があるとのネット情報を信じてセーラーの替え芯0500です。
なにせ今から40年くらい前のボールペンなので、ちゃんと使えるかちょっと半信半疑でしたが、問題なく使えてますよ。

この前から机や本箱を整理していたら、同様に古いパーカーのボールペンが2本も出てきたので、こちらもヨドバシで互換の替え芯を調達中です。こちらは1本280円、2本オーダーしましたが、やはり送料ナシですね。商売成り立っているのか心配ですが、嬉しい限りです。

新しいインク、やっぱり書きやすくて、書いていて楽しくなりますね!
20220510_144104.jpg20220510_144137.jpg
posted by fronte360 at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

世間はGWですが、レポート書いてました

世間はGWといっても、毎日が日曜日となった身なのでお休みは関係ありませんが、このGW中にやろうと目論んでいた東洋史概論のレポートを先ほど提出しました。

東洋史といっても中国史であって、中国史を古代から現代まで10の章立てになったテキスト(上下巻、600頁程度)を読み、各章毎に特徴となる事項を580〜700字のレポートに纏める。都合10本のレポート作成が求められていました。

4/29より始めてGW明けに完了させるべくスタートしたものの、当初はテキストを読んでも文字は目に入っても漢字の難しさなどで意識にまったく定着せずで難渋しました。 図書館より参考になる書籍を数冊借りてきて、先に簡単に解りやすく記載された本を読んでからテキストに戻って内容を深めてなんとか読了。 レポート作成は先達の教えがポータルサイトにあったのでそのテーマを参考に、図書館より借りた文献も利用し、背景などを再確認して書き上げました。

惜しむらくは、人生100年時代、楽しんで勉強を… そう目指していたものの、その実態は単位取得のための必死の奮闘となったしまったことでしょう。 中国史、あんまり好きではなかったしなぁ。 でも現代中国の記述は、これまでの教科書では書かれていないこともあって参考になりました。

さあて、試験準備も進めるとともに、次は何をしましょうか。

流れ的には「東洋史特殊講義」(2単位)かなぁ、テキストは「東アジア近世近代史研究」で第1章〜第9章まで。 レポートは 3200文字程度で、参考文献3冊以上の提示が必要(参考文献の提示がないと評価対象外)と書いてますね。 今から40年以上前の大学生時代、こんなに勉強したかなぁ… って思いますが、勉強できることはシアワセと考え直して進めましょう。

ここまで書いて、さっき提出したレポートの参考文献の書き方・書式が統一されていないことに気づきました。
さあて、どうしたものか・・・

posted by fronte360 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 22-奈良大学通信教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

エンドウ豆

こちらは2回目の収穫。ビニール袋半分程度、前回も同じくらいなので、初めての栽培にしては上出来かな。ろくに肥料も入れてない収奪農法やったのに。
20220506_050714.jpg
posted by fronte360 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする