最近の記事

2022年02月03日

節分、今年は鬼ころしで鬼退治

いわし、福豆、そして今年は久しぶりに「鬼ころし」も加わりました。
小山本家酒造の「ゴールド鬼ころし」、上撰15度で糖類添加なし♪
単身赴任時代だから10年ちょっと前、御徒町の吉池で出会ってからの御用達品ですね。
20220203_110847.jpg
posted by fronte360 at 11:13| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリス・ハイキン、グラズーノフ/四季

 自由に時間を使えるようになったら音楽聴き放題・・・
なんて思っていた頃もありましたけれど、変わらず、アンプになかなか火が入りません。
ステレオのある部屋に暖房器具がありませんしね。

 そんな悪い条件下ですが、時おりここ数年聴いてなかったであろう盤を探しては、
ターンテーブルに載せていたりします。

P1283106
P1283106 posted by (C)fronte360

グラズーノフ/バレエ音楽「四季」
  ボリス・ハイキン指揮 モスクワ放送交響楽団

 キレの良いリズム、カラフルで洒脱な演奏ですね。
四季というと、春夏秋冬、ヴィヴァルディの四季もこの順番になってますけど、
グラズーノフの四季は、冬からはじまるのですね。 冬春夏秋 の順番。
ロシアらしいといえば、ロシアらしい順番でしょうか。
終曲の秋にむかって、明るさが増してゆくのですね。 ほとんど、というか、まったく
曲について覚えてませんでしたが、なかなか楽しい曲でもありました。

 あと話は違いますけど、これを聴いていた1月28日
いきなりアンプの保護回路が働いて電源ランプが点滅、音が出なくなりました。
アンプが壊れた・・・ 老後の楽しみが・・・(絶望)・・・

 とりあえずアンプをラックより引き出し、スピーカーケーブルを外し、
アンプの蓋を開け、中を確認・・・しても、不良個所など分かるはずもなし。
とりあえず埃まみれなんで、掃除機で内部清掃を実施。

 これでなんとか復活したみたい。 いやはや、幸先の悪い老後の楽しみでした。

posted by fronte360 at 08:27| Comment(0) | 22-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする