最近の記事

2022年02月04日

感謝の酒

新潟長岡市のお福酒造の純米酒でした。
こちらこそ感謝感謝の単身赴任時代でした。
20220204_204840.jpg
posted by fronte360 at 20:52| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和文華館の庭

寒桜が咲いてる
20220204_153425.jpg20220204_153410.jpg
posted by fronte360 at 17:03| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月03日

節分、今年は鬼ころしで鬼退治

いわし、福豆、そして今年は久しぶりに「鬼ころし」も加わりました。
小山本家酒造の「ゴールド鬼ころし」、上撰15度で糖類添加なし♪
単身赴任時代だから10年ちょっと前、御徒町の吉池で出会ってからの御用達品ですね。
20220203_110847.jpg
posted by fronte360 at 11:13| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリス・ハイキン、グラズーノフ/四季

 自由に時間を使えるようになったら音楽聴き放題・・・
なんて思っていた頃もありましたけれど、変わらず、アンプになかなか火が入りません。
ステレオのある部屋に暖房器具がありませんしね。

 そんな悪い条件下ですが、時おりここ数年聴いてなかったであろう盤を探しては、
ターンテーブルに載せていたりします。

P1283106
P1283106 posted by (C)fronte360

グラズーノフ/バレエ音楽「四季」
  ボリス・ハイキン指揮 モスクワ放送交響楽団

 キレの良いリズム、カラフルで洒脱な演奏ですね。
四季というと、春夏秋冬、ヴィヴァルディの四季もこの順番になってますけど、
グラズーノフの四季は、冬からはじまるのですね。 冬春夏秋 の順番。
ロシアらしいといえば、ロシアらしい順番でしょうか。
終曲の秋にむかって、明るさが増してゆくのですね。 ほとんど、というか、まったく
曲について覚えてませんでしたが、なかなか楽しい曲でもありました。

 あと話は違いますけど、これを聴いていた1月28日
いきなりアンプの保護回路が働いて電源ランプが点滅、音が出なくなりました。
アンプが壊れた・・・ 老後の楽しみが・・・(絶望)・・・

 とりあえずアンプをラックより引き出し、スピーカーケーブルを外し、
アンプの蓋を開け、中を確認・・・しても、不良個所など分かるはずもなし。
とりあえず埃まみれなんで、掃除機で内部清掃を実施。

 これでなんとか復活したみたい。 いやはや、幸先の悪い老後の楽しみでした。

posted by fronte360 at 08:27| Comment(0) | 22-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月01日

タブレット端末

dynabookのWindowsタブレットをセットアップ中
退職の餞別として何が欲しいかと尋ねられたので、手元のノートPCは2台とも10年選手(windows7から自力アップデート)なので、持ち運びのできるタブレットをプレゼントして頂きました。
ありがとうございました。 大切に使わせて頂きますね。

20220201_131500.jpg
posted by fronte360 at 13:21| Comment(2) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(壬寅1月の雑感)一月往ぬる二月逃げる三月去る

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、のとおり1月が行ってしまいました。

今年の初詣も、元日朝8時まで無料で開放されている東大寺大仏殿へ。
今年もコロナ禍のため大仏殿中門の開放ではなく、ふだん拝観料を支払って入る左側入口から、係の人より手に消毒液の噴霧を受けての無料入場。 昨年との違いは、やはり人出の多さ。
昨年はなかった近鉄電車の終夜運転が復活したからでしょうか、外国人観光客は目につきませんが、けっこう人が多いなぁ、と。 感覚ですが、昨年の2倍以上だったのではなかったかしら。

そして正月2日、今年も長弓寺まで小一時間かけて歩きました。 3日まで国宝の鎌倉時代に建立された本堂が無料で開放されています。 そして今年も、内陣の基壇中央に黒漆厨子に入ったご本尊の木造十一面観音立像、左に阿弥陀如来坐像、右に釈迦如来坐像、左端に広目天・増長天、右端に多聞天・持国天の四天王立像との1年ぶりのご対面となりました。

いずれもコロナ退散を念じましたけれど、年明けより猛威をふるうオミクロン株はとどまるところを知らない感じですね。 昨年末を最終の出勤日とし、1月は有給休暇の消化として通勤から開放されたのは幸いだったかもしれません。

正月明けた11日、以前より水道局より漏水の疑いを指摘されていた実家。 会社に行かなくなったので、実家の近所の水道工事をしている会社にお願いして見てもらうことが出来ました。 最初に指摘されてから約半年、会社勤めと並行してはなんとも身動き取れず、重い腰がようやく上がりましたが、案の定台所の床下での漏水を発見。 翌日12日は、午前中に坊さんのお参りりがあり(父の月命日)午後は会社に行って退職説明を受けに行かねばならず、水道工事は13日に実施となりました。 台所のガスコンロ台を動かし、床を切って、床下パイプの交換となりました。 これで一安心。

これらのため11〜13日の3日間、朝8時の通勤時間帯に大阪に移動しましたが、コロナ以前と変わらないような通勤ラッシュに遭遇(うまいポジショニングで生駒より3日とも座りましたが)。 鶴橋駅ではぎゅうぎゅう詰めの車内にそれで乗ろうとする人もいて驚きました。 昨年までの通勤時間は朝6時30分頃の準急だったので余裕で座れ(というか座って通勤するための準急で、この時間帯でも快速急行なら座れないことが多く、ポジショニングを工夫して生駒から座っていたなぁ、なんて思い出しました)。 朝の通勤電車に乗らなくて良くなったのは本当に良かったなぁ。

こんな朝の通勤を見たり、実家帰りに夜の鶴橋の飲み屋を外から覗いてみたりすると、オミクロン株がまん延するもの仕方ないなぁ、と実感いたしました。

そしてこのようなオミクロン株の猛威のため、1月の高知行きは中止。 自宅に引きこもって、夕方には実家に行き、夜に戻ってくることの繰り返し。 朝はちゃんと起きて、ときどきご近所を歩き回っていますけど、ちょっと怠惰が見え隠れしてきたような感じですね。

そんなことで今月も読書は低調、吉村昭のエッセイ「私の引出し」「旅行鞄のなか」のあと、そこに描かれた小説の背景より興味を持って小説「逃亡」、「戦艦武蔵ノート」「戦艦武蔵」と読み進めたものの活字を追う気力が日増しに減退してゆくような感じ。 2月から立て直さないと・・・

新しい1年の始まり、今年も新型コロナに感染しないよう充分に注意し、2月もまたこんな駄文が書けるようにしたいと思います。 では皆さまもご注意ください。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 22-雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする