2021年11月12日

スマホ・リプレースでボケ防止

思い起こせば 2016年5月3日
子どものスマホ購入のために訪れた高知・帯屋町の auショップ。 そこで一目惚れしたスマホ(isai vivid LGV32)があり、当方も遅ればせながらスマホ・デビューを果たしました。
以来5年間、自分で電池交換できる機種なので、電池の持ちはなんとかなるものの、さすがに android の版数が 6.0 は古い。 インストールできないアプリもあったり、動いているアプリでも使えない機能が出てきたり、それに何より、触ったつもりはないアプリが起動していたりして、動作不安定?

今年の初め頃、android が壊れたようで、auメールなど基本的なアプリのいくつかが突然起動しなくなりました。 仕方ないのでスマホの設定画面より購入時の状態に戻し(初期化)、また何とか使えるようになっているのですが・・・ しかし先にも書いたように、誤動作なのか知らないアプリが起動しているわ、動作もやけに遅いときもあったりして、だんだんとストレスになってきました。 また壊れかかっているのかもしれません。

ということでスマホ・リプレース計画に着手。
色々と調べてみましたが、お手頃な sharp製に心動いてましたが、ネットの評判はすこぶる悪く、早くリコール表明せい、との声もあるほど不具合が出ているようですね。
新製品はみな 5G対応となっており、通話契約も 5G対応の契約とせざるを得ず、なんかムダみたい。 だいたいゲームはしないし、スマホで動画も見ない、カメラが3つあっても使わないだろう・・・ 結局のところ 5G非対応でまだ新しい2021年夏モデル、シンプルなスマホに落ち着きました。

先週、オンラインショップで注文、11/7(日)に到着しました。
それから自力で CIMカード交換、機種交換の手続、データ移行などもやって月曜朝から使ってます。 最初は、電話が鳴っても出ることが出来ず慌てました・・・前のスマホ(LGV32)はよく出来ていて、何もせずスマホを耳に当てるだけで通話できていたんです。 それでも、通勤時などに設定を眺めては、ちょっとづついじって、なんとか慣れてきたみたいです。 ボケ防止になったでしょうか。

今度は5年も使うことはないでしょう。
スマホトクするプログラムに入ったので、2年後にはまた新しいスマホにして、ボケ防止しましょ。

posted by fronte360 at 20:00| Comment(0) | 21-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする