最近の記事

2021年02月13日

イシュトヴァン・ケルテス/ウィーンフィル、モーツァルト/レクイエム

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

暖房のない新ステレオ部屋、今朝は室温が13度ほどなので久しぶりにステレオ装置に火を入れて、ケルテスのモツレクを鑑賞。 この演奏も久しぶりです。

冒頭からの勢いと劇的な展開に圧倒されそうになりました。
またセクエンツィアの「不思議なラッパの音」のトロンボーン、ウィーンフィルらしい朗々とした響きが印象的ですね。 しかし、ちょっとやりすぎかなぁ・・・ などとも感じるようにもなっている自分もいて、なんか年齢のせいかもしれませんなぁ。

何度も書いているように、この曲はカール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管のが自分の中でのリファレンス。 怖い系で、劇的な表現のモツレクは好みなのですれけど、ちょっとボリューミーで脂肪過多かなとも感じられるようになってきたのでした。

P2133055
P2133055 posted by (C)fronte360

モーツァルト/レクイエム ニ短調 K.626 (ジュスマイヤー版)
 エリー・アメリング(S)
 マリリン・ホーン(MS)
 ウーゴ・ベネルリ(T)
 トゥゴミール・フランク(B)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
  イシュトヴァン・ケルテス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

posted by fronte360 at 10:07| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする