最近の記事

2020年06月04日

大阪散歩20200523_大阪城公園の戦跡巡り・山里丸石垣の機銃掃射痕

新型コロナの緊急事態宣言、大阪などが解除された週末、
いつもの大阪の実家に向かう前に大阪城公園に寄り道しました。

大阪日日新聞の「戦跡を巡る 戦渦を超えて75年」で、大阪城公園の戦跡を実際に見ておきたくなったのでした。
今は綺麗な公園として整備されている大阪城ですけれど、まだ戦争の傷跡がいくつか残っていること、平和が維持されている今こそ見ておきたいと思ったのでした。

P5232853
P5232853 posted by (C)fronte360

刻印石広場を抜けた反対側、石垣の上に祠がありますね。

P5232855
P5232855 posted by (C)fronte360

誰が祀ったか知りませんが、聖観世音菩薩。

P5232856
P5232856 posted by (C)fronte360

淀君並殉死者三十二名忠霊塔 と書かれた木がありますね。
大野治長、真田幸村、毛利勝永、幸村の息子・真田大助の名前もあるようです。

P5232857
P5232857 posted by (C)fronte360

独特の空気感です。
ここから見ろしたら、戦跡を見つけました。

P5232858
P5232858 posted by (C)fronte360

石垣のところに説明版立ってますよね。

P5232859
P5232859 posted by (C)fronte360

機銃掃射の跡が石垣に刻まれてます。

P5232860
P5232860 posted by (C)fronte360

山里丸石垣の機銃掃射痕
石垣の表面に残る傷は、第二次世界大戦の空襲による被害の痕跡で、機銃掃射によってついたものと推定される。昭和20年(1945)3月から終戦前日の8月14日まで、大阪は8度におよぶ大空襲を受け、陸軍の中枢機関や軍需工場があった大阪城も標的となった。山里丸ではこのほかにも爆弾によって南側石垣上部が吹き飛ばされ、北側内堀に面した石垣も数か所ひずんだが、現在はいずれも修復されている。
(現地説明板より)

P5232861
P5232861 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする