最近の記事

2020年05月29日

大阪散歩20200523_大阪城公園の戦跡巡り・大阪砲兵工廠化学分析場跡(2)

新型コロナの緊急事態宣言、大阪などが解除された週末、
いつもの大阪の実家に向かう前に大阪城公園に寄り道しました。

大阪日日新聞の「戦跡を巡る 戦渦を超えて75年」で、大阪城公園の戦跡を実際に見ておきたくなったのでした。

大阪城公園、小学校1年生の時(1964年)、最初の遠足が歩いて行ける大阪城公園でしたし、中学生だった頃(1970-72年)には、当時天満橋にあった中学校へと通う通学路としても利用するなど、とても身近な場所です。
また小学校低学年の頃まで、今の大阪城ホールのあたりにはまだ大阪砲兵工廠の焼跡が広がり、残骸も残っていたのを大阪環状線の中から見ていたことも覚えています。
今は綺麗な公園として整備されている大阪城ですけれど、まだ戦争の傷跡がいくつか残っていること、平和が維持されている今こそ見ておきたいと思ったのでした。

P5232812
P5232812 posted by (C)fronte360

大阪砲兵工廠化学分析場跡、フェンス越しですがつぶさに見てまわります。

P5232813
P5232813 posted by (C)fronte360

P5232814
P5232814 posted by (C)fronte360

ここで弾薬や化学兵器の研究・開発を行っていたのでしょうね。

P5232819
P5232819 posted by (C)fronte360

以下の説明板の写真をクリックして拡大すると説明文が読めます。

P5232818
P5232818 posted by (C)fronte360

次は大阪城天守閣へと向かいます。

P5232817
P5232817 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 04:45| Comment(0) | 20-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする