2019年12月06日

サヴァリッシュ、ブラームス/交響曲第2番

 月曜日の大腸ポリープ摘出手術より禁酒生活となり、浅い眠りの日を繰返し、
昨夜も23時前には床についたものの、深夜に何度も目覚め、今日は3時前起床。

 先日来のマイ・ブラームス・ブーム、昨夜聴けなかったレコードを取り出し、
深夜にも関わらずステレオに火を入れ、スピーカーよりレコード鑑賞中。
第2番が聴きたかった。

PC061101
PC061101 posted by (C)fronte360

ブラームス/交響曲第1番
ブラームス/交響曲第2番
  ヴォルフガンク・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団

 1974年発売、ジャケットにコピー文字が書かれたフォンタナの 1,300円盤。
DISC JJ の100円シールが貼ってあるので、2000年前後に購入した盤でしょう。
調べてみると、自分でも忘れてましたが、アルト・ラプソディとカプリング
された初期フォンタナのレコードも持ってますが、お得用盤のこちらで鑑賞。

 期待に違わない正攻法、じっくりと腰を据えていながらもキビキビとした
躍動感が若き(当時45歳でしょうか)サヴァリッシュ/ウィーン響コンビの
魅力でしょうか。

 低弦がうごめくように曲をしっかりと下支えしていますが、全体として
キレの良さでよく纏まった弦楽アンサンブルによる安定感あるサウンド。
ここに第2楽章終結部のティムパニみたく、大袈裟でなく小気味よく
クレッシェンドして畳掛ける高揚感。 随所で絡む木管やホルンも安定した
響きで曲を彩っていて、特に目だって何をしているわけではないけれども
充足感のある演奏に仕上がってますね。 大いに満足しました。

 第1番はまた今度のお楽しみ、そろそろ出勤準備しましょう。

posted by fronte360 at 04:22| Comment(0) | 18〜20-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良散歩20191130_絶景の鳥見山と「うだ産フェスタ2019」:鳥見山公園・見晴台

11/30(土)、今年36回目となるハイキングは、宇陀市に行きました。
「榛原駅長お薦めフリーハイキング・絶景の鳥見山と『うだ産フェスタ2019』」
昨年の『うだ産フェスタ2019』には室生ダムを巡って行った記憶ありますが、
今年は鳥見山公園を経由していくようです。 初めての場所、楽しみです。
鳥見山公園に到着。 絶景を探して散策を続けます。

PB300896
PB300896 posted by (C)fronte360

勾玉池をぐるっと回って反対側に回り込むと、神社がありました。

PB300892
PB300892 posted by (C)fronte360

落葉した紅葉のじゅうたんをふんで社殿へ

PB300894
PB300894 posted by (C)fronte360

ふりかえるとこんな感じ。

PB300895
PB300895 posted by (C)fronte360

おごそかな感じのする社殿の裏山、見晴台があるというので登ってゆきます。

PB300900
PB300900 posted by (C)fronte360

もう少し登ります。

PB300901
PB300901 posted by (C)fronte360

紅葉がキレイ、癒されます。

PB300902
PB300902 posted by (C)fronte360

そして見晴台に到着!!

PB300903
PB300903 posted by (C)fronte360

逆光なのが残念ですが、たしかに絶景ですっ!!

PB300912
PB300912 posted by (C)fronte360

このずっと先に見える中央の小高い山は、畝傍山ですね。
右側の山肌のに接して見えるのは耳成山でした。 宇陀から見えるのですね。

PB300904
PB300904 posted by (C)fronte360

左端にパーンすると、榛原市街。

PB300906
PB300906 posted by (C)fronte360

正面から右斜め方向には大宇陀方面。 ここへも何度か歩きましたねぇ。

PB300911
PB300911 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする