最近の記事

2018年11月15日

奈良散歩20181110_蔵王堂ご開帳と紅葉に染まる吉野山へ・横川覚範首塚

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

11月10日、第28回目として下市口駅長お薦めフリーハイキング
「神仏霊場会10周年記念
 贅沢な大人の山歩き 蔵王堂ご開帳と紅葉に染まる吉野山へ!」です。
如意輪寺を出て、しばらく県道を歩きます。

PB102805
PB102805 posted by (C)fronte360

天気も良くなってきました。

PB102806
PB102806 posted by (C)fronte360

PB102807
PB102807 posted by (C)fronte360

トンネルをくぐり、上千本・奥千本方面に歩きます。

PB102808
PB102808 posted by (C)fronte360

ここから、また坂道となります。

PB102809
PB102809 posted by (C)fronte360

このハイキング、健脚向け、とありました。

PB102813
PB102813 posted by (C)fronte360

ひたすら歩くしかないですね、年配の方も歩いてますし・・・

PB102817
PB102817 posted by (C)fronte360

ここが展望台と思いきや、まだ先だそうです。

PB102822
PB102822 posted by (C)fronte360

ここに首塚がありました。

PB102823
PB102823 posted by (C)fronte360

横川の覚範の首塚(よかわのかくはんのくびづか)
この辺の上下が上の千本で、俗に滝ざくらと言われている所です。花の盛りに下の方から見上げると、あたかも花の滝がたぎり落ちるように望まれるので、こう名前が付けられたものでしょう。
さて、この小さな丘が横川の覚範の首塚という伝承をもっています。
文治元年(1185)12月、兄頼朝の怒りに触れた源義経が、武蔵坊弁慶をはじめ、佐藤忠信、伊勢の三郎、常陸坊海尊、鷲尾の七郎、片岡の八郎といった一騎当千のつわものとともに、愛妾静御前を連れて雪の吉野山に潜入し、吉水院(吉水神社)に身を隠していましたが、金峯山寺衆徒の味方を得る事が出来ず、途中で静とも別れ、この上の子守の社水分神社まで逃げ伸びてきましたが、豪僧横川の覚範が追いすがってきたので、家来の一人佐藤忠信が義経の身代わりとなって、中院谷(首塚の後ろの谷)で戦い、この少し上の花矢倉から矢を浴びせ、覚範を討ち取りそのすきに義経一行を落ち延びさせたのでした。そして討たれた覚範の首を埋めたところが、この塚だといわれています。
このことは、「義経記」という本にくわしく描かれています。
吉野町
(現地説明板より)

PB102825
PB102825 posted by (C)fronte360

急いでも仕方ないので左の道を気合入れて上ります。

PB102824
PB102824 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする