最近の記事

2018年09月30日

嵐の前のブラームス

台風がやって来る前に早朝散歩
今日も長弓寺までやって来たよ。ブラームスの交響曲第4番をフルで1曲聴きました。
カイルベルト指揮ハンブルグ国立管❗ 中学時代からのお気に入り
1538258251470.jpg1538258259675.jpg
posted by fronte360 at 06:58| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(2018年)11月の関西アマオケコンサート情報

2018年11月に、京阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います(が、なかなか意気込みに反して動けないのが実情ですが)


11/4:京都市民管弦楽団 第98回定期演奏会
11/4:芦屋交響楽団 第90回定期演奏会
11/4:吹田市交響楽団 ファミリーコンサート2018
11/10:大阪音楽大学ホルンアンサンブル 第31回ホルンアンサンブルの夕べ
11/17:高槻室内管弦楽団 第13回定期演奏会
11/18:近畿フィルハーモニー管弦楽団 第14回ファミリーコンサート
11/24:川西市民オーケストラ 第7回定期演奏会
11/24:アンサンブル・ラ・ピアチェーレ 第4回定期演奏会
11/24:NON管弦楽団 第5回定期演奏会
11/25:セント・マーティン・オーケストラ 第14回定期演奏会


  

posted by fronte360 at 01:00| Comment(1) | 18-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

桃の里

岡山県赤磐市の赤磐酒造の「桃の里」を頂いてました。
頂いたあと実家の仏壇に供えていたので、本格辛口は先週実家で呑んで来たので空ビンですけどね。
台風もやって来るので、家に引きこもって飲んだくれるかな〜
1538207045156.jpg1538207055610.jpg
posted by fronte360 at 16:44| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同志社OB祝日管弦楽団 第2回定期演奏会

日時:2018年9月24日(月・祝) 14:00開演
場所:高槻現代劇場・中ホール

曲目:メンデルスゾーン/交響曲第5番「宗教改革」
   シューマン/交響曲第1番「春」

指揮:鈴木啓哉

P9252270
P9252270 posted by (C)fronte360

1980年代に同志社交響楽団に在籍されたOBを中心に昨年4月に発足したオーケストラ。 毎年学生が入れ替わるオーケストラなのに、こうやってOBの人たちが集まって演奏されるのを聴かせていただくと、同じ釜のメシを食った仲間、皆さん同じような音色や雰囲気を持って演奏されているのに驚きます。

そしてこの良い点がうまく出たのがメンデルスゾーンの「宗教改革」だったでしょう。 鈴木啓哉さんの指揮のもと、じっくりと構えた奥行きを感じさせる演奏でした。 同じ同響OBの流れをくむ紫苑交響楽団で先日聴かせてもらった「スコットランド」は後期ロマン派の響きを持っていましたが、こちらの「宗教改革」は古典派の流れを汲んでいるような感じ。 金管も打楽器も豊かに響くのですが、弦楽アンサンブルと響きを同じにした落ち着いた色合いがとても素敵でした。

第1楽章冒頭よりじっくりと構えた音楽づくり、徐々に楽器が増えても音色が同じなので奥行きがあります。 主部も堂々とした響きの弦アンサンブル。 重心を低くとりながらも鈴木さんの軽快な棒捌きにぴったりついて素晴らしい演奏でしたね。 正直こんな充実した演奏が聴けるとは(全員が揃わないのにチューングを始めようとしたり、積極的な集客活動もされていないようだし、同窓会の延長かな、とちょっとナメてかかってました。 すみません)。
第2楽章は、ちょっと早めのテンポ設定だったかな、明るい響きで華やいだ雰囲気で進みます。 そしてたっぷりとした木管や中音弦、軽快さと力強さのバランスも絶妙でした。 第3楽章、指揮棒を置いて振る鈴木さん、落ち着いたトーンの第1ヴァイオリンを導き、第2ヴァイオリンとヴィオラの抒情的な響きに乗せら弦アンサンブル。 木管もしみじみと歌って、小編成オケならではの纏まりの良い演奏。 指揮棒を持ってアタッカで終楽章に突入。 木管の端正な響きの序奏より盛り上げてゆきますが、やや明るめの響きでの一体感を保って見事。 じっくりと腰の据わったサウンドでのコーダ。 充実した幕切れに大きな拍手を贈りました。
この曲、初めて聴いたサヴァリッシュ/ニュー・フィルハーモニアのCDよりお気に入りなのですが、なかなか演奏会でかからないですね。 素敵な体験をさせていただきました。 ありがとうございました。

20分間の休憩をはさんでシューマンの「春」、この曲は中学時代(もう45年も前かな)にTVで見た、たぶんサヴァリッシュ/NHK交響楽団以来のお気に入り。 演奏会でも何度も耳にしていますが、今日の演奏は気合が入りすぎたのでしょうか、一所懸命がそこらじゅうで出ている感じで少々疲れた演奏に聞こえました。 指揮者の鈴木さんも各パートに指示を出して進めてましたが、前曲のように抑えるとか纏めることはあまりしなかった印象を持ちました(そう聞こえたからかも)。
第1楽章、堂々としたトランペットとホルンのファンファーレより、弦楽アンサンブルも力強く、キレよく進みます。 前曲では響きを深くとっていたティムパニもここでは強打で切り込んできました。 パワフルな音楽として進みます。 ただそれぞれのパートが一所懸命で、前に前に・・・という感じ。 しかも早めのテンポで進むので、終わるころには疲れてしまいました。 第2楽章、鈴木さんが指揮棒を置いて振り始め、たっぷりとした弦のアンサンブル。 低弦の上に中音弦そして高音弦がのって上々の滑り出し。 粘り強い響きの木管も良かったのですが、ここでも各パートがそれぞれ前に前に・・・って感じ。 ミスは無い(と思う)けど、練り込み不足なのかな(お前の修業が不足している、と言われるかもしれませんが)。 指揮棒を持った鈴木さんより、トロンボーンの落ち着いた響きを導きだして第3楽章へ突入。 フレーズを短く切ってタイトな音楽となりました。 弦と管楽器が呼応しながら力を更に増してゆきますと、さらに重厚かつ力強い音楽ですが、弦楽器の編成は 7-8-7-4-3 なのに、管楽器が 12 や 14型のオケの響きのように感じました。 終楽章、ここも打点を明快にして足早に進んでいった印象。 スピードを上げて力強いフィナーレでした。
シューマンって、オーケストレーションが下手なので響きが重なって鈍い響きになる・・・などと書物などに書かれていますけれど、その渋い響きにも魅力を感じている当方としては、直線的で剛直な音楽となってしまっては、ちょっとギブの気分でした。

いつもはこんな風には書かないけれど、前半の「宗教改革」がとても素晴らしい演奏だっただけに正直戸惑いました。 終演後、鈴木さんも難しい曲だったのでアンコールはありません、と言われていましたが、決して下手な演奏ではありませんでした。 鈴木さんによく喰いついていましたし、目立ったミスも1ヵ所だったかな。 同じ釜のメシを食った仲間、皆さん同じような音色や雰囲気をお持ちですが、その良い面がよく出て纏まったのが「宗教改革」、まじめに正直に曲にぶつかったのが「春」だったのではなかったかな、そんな風にも思いました。 とにかく、みなさんお疲れさまでした。

posted by fronte360 at 06:09| Comment(0) | 18-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

奈良散歩20180923_案山子ロードを訪ねて

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

第22回目は9月23日、「飛鳥の古代ロマンと案山子ロードを訪ねて」
飛鳥駅より約 1.8Km歩いて亀石へ。 そして更に 0.6Km歩くと橘寺に到着。
ここより更に 1.1Km 歩いて石舞台古墳。 古墳前にはライトアップの筒が多数。

P9232256
P9232256 posted by (C)fronte360

飛鳥光の回廊、と書かれたステージ前を横切って男綱(おづな)を目指します。
このあたり棚田が綺麗ですね。

P9232257
P9232257 posted by (C)fronte360

赤い縁取りは彼岸花。
遠くで見るぶんにはいいですが、近くで見る彼岸花は少々怖い感じですよね。

P9232258
P9232258 posted by (C)fronte360

かんじょうばしを潜って案山子ロードに突入

P9232260
P9232260 posted by (C)fronte360

P9232261
P9232261 posted by (C)fronte360

P9232262
P9232262 posted by (C)fronte360

P9232264
P9232264 posted by (C)fronte360

P9232265
P9232265 posted by (C)fronte360

P9232266
P9232266 posted by (C)fronte360

P9232268
P9232268 posted by (C)fronte360

P9232269
P9232269 posted by (C)fronte360

明日香村稲渕の案山子ロード。 かかしコンテストの出品作品を見物しながら、彼岸花の咲く棚田風景を満喫してください。「これぞ飛鳥」という楽しみ方ができる案山子ロードの魅力です。
(ハイキングマップより)

P9232267
P9232267 posted by (C)fronte360

石舞台より約 2.0Km そして案山子ロードを登って飛鳥駅まで 3.1Km。
日差しも強くなって、しょうしょうきつかったハイキングでした。 おしまい。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

奈良散歩20180923_飛鳥の古代ロマン・石舞台

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

第22回目は9月23日、「飛鳥の古代ロマンと案山子ロードを訪ねて」
飛鳥駅より約 1.8Km歩いて亀石へ。 そして更に 0.6Km歩くと橘寺に到着。
ここより更に 1.1Km 歩いて石舞台古墳に向かいます。

P9232246
P9232246 posted by (C)fronte360

橘寺の向かいの川原寺跡、前回はここがコースで橘寺を眺めただけでした。
そう、こんな感じ、だから橘寺に行ってみたかったのですね。

P9232247
P9232247 posted by (C)fronte360

飛鳥川にそって石舞台を目指して歩きました。

P9232248
P9232248 posted by (C)fronte360

前回も来ているので省略。 石舞台古墳に入りました。
ここもハイキング参加者には割引券が配布されていて、250円 → 200円で入場。

P9232249
P9232249 posted by (C)fronte360

ライトアップのイベントをやっているようでした。
そして向こうの丘の上では石舞台カフェ・・・手作り感満載ですね。

P9232250
P9232250 posted by (C)fronte360

苦笑しつつ石舞台を見学

P9232251
P9232251 posted by (C)fronte360

P9232252
P9232252 posted by (C)fronte360

でっかい石、どうやって運んできたのでしょうね。

P9232254
P9232254 posted by (C)fronte360

太古のロマンを感じる飛鳥路のシンボルで、日本最大級の横穴式石室を持つ飛鳥を代表する古墳のひとつです。 築造は7世紀の初め頃と推定され、元々は1辺約55メートルの方墳だったとされていますが、早い時期に古墳上部の盛土が失われ、現在は巨大な石室が露出した姿となっています。
(ハイキングマップより)


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

奈良散歩20180923_飛鳥の古代ロマン・橘寺(その2)

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

第22回目は9月23日、「飛鳥の古代ロマンと案山子ロードを訪ねて」
飛鳥駅より約 1.8Km歩いて亀石へ。 そして更に 0.6Km歩くと橘寺に到着。
太子堂に入ったあと、境内を散策しました。

P9232240
P9232240 posted by (C)fronte360

太子殿の脇にある「二面石」
以下が右面(善面)

P9232241
P9232241 posted by (C)fronte360

こちらが左面

P9232242
P9232242 posted by (C)fronte360

右善面、左悪面と呼ばれ、我々の心の持ち方を現わしたもので、飛鳥時代の石造物の一つである。
(案内板より)

P9232236
P9232236 posted by (C)fronte360

観音堂、このご本尊は如意輪観音さまでした。

P9232244
P9232244 posted by (C)fronte360

ゆっくりしすぎました、次へと向かうことにしました。

P9232243
P9232243 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

奈良散歩20180923_飛鳥の古代ロマン・橘寺

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

第22回目は9月23日、「飛鳥の古代ロマンと案山子ロードを訪ねて」
飛鳥駅より約 1.8Km歩いて亀石へ。 そして更に 0.6Km歩くと橘寺に到着。

P9232230
P9232230 posted by (C)fronte360

別格 佛頭山 橘寺 は田んぼの向こうにありました。

P9232231
P9232231 posted by (C)fronte360

P9232232
P9232232 posted by (C)fronte360

ハイキングに参加者には割引券が配られていて、
350円ところ 300円で拝観することができました。

P9232233
P9232233 posted by (C)fronte360

西門より入ります。 入ってすぐ右側に本堂・太子殿、聖徳太子がご本尊。
そう、ここは聖徳太子生誕地なのですね。

P9232238
P9232238 posted by (C)fronte360

P9232237
P9232237 posted by (C)fronte360

聖徳太子生誕の地とされ、聖徳太子建立七大寺のひとつです。 現存する伽藍は江戸時代以降のものですが、美しいタチバナ形の塔心礎が当時を物語っています。 境内にある「二面石」は人間の善悪2つの心を彫ったものと言われています。
※聖徳太子建立七大寺
  法隆寺、広隆寺、法起寺、四天王寺、中宮寺、橘寺、葛木寺
(ハイキングマップより)


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

奈良散歩20180923_飛鳥の古代ロマン・亀石

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

第22回目は9月23日、「飛鳥の古代ロマンと案山子ロードを訪ねて」
このところ秋雨前線の影響で雨が多かったのですが、久しぶりの晴天ともあり
飛鳥駅前はすごい人・人・人・・・

P9232222
P9232222 posted by (C)fronte360

ハイキングマップを貰うにも長蛇の列

P9232220
P9232220 posted by (C)fronte360

ここは4月にも来ているので、詳細は省略・・・
天武・持統天皇陵

P9232223
P9232223 posted by (C)fronte360

良い天気に恵まれて、勢いつけて登ってみました。

P9232226
P9232226 posted by (C)fronte360

P9232227
P9232227 posted by (C)fronte360

このコースをたどって、最初のポイント「亀石」に向かいます。
自動車が多いですね、あとサイクリングも・・・当然、歩きの人もいっぱい。

P9232228
P9232228 posted by (C)fronte360

この白い花はソバみたい、ソバの畑もあったのですね。
そして「亀石」に到着

P9232229
P9232229 posted by (C)fronte360

亀に似ていることから、亀石と呼ばれています。 伝説では、奈良盆地が池だった時に、川原の鯰と当麻の蛇が池の水をめぐって争いをし、鯰が負け池の水を蛇に取られてしまいました。 そのため、多くの亀が干上がって死んでしまい、その亀たちの霊を慰めるために亀石が作られたそうです。 亀石は以前北を向き、次に東を向き、現在は南西を向いていますが「西の方を向いた時、大和一円は泥の海と化す」、という伝説があります。
(ハイキングマップより)



posted by fronte360 at 10:44| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

飛鳥の古代ロマン、案山子

案山子ロード散策中
1537675570517.jpg1537675581276.jpg
posted by fronte360 at 13:07| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする