2018年06月22日

大阪散歩20180616_八尾・若江の戦い 若江鏡神社

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

6月16日に第15回目として以下に参加しました。
”八尾市制70周年「大坂夏の陣 八尾・若江の戦い」美将 木村重成を訪ねて”
若江城跡を見て、寄り道で美女堂氏遺愛碑も見たので、次のポイントへ。

P6161229
P6161229 posted by (C)fronte360

P6161230
P6161230 posted by (C)fronte360

若江鏡神社の境内へと進みます。
この境内を抜けた隣がポイントなんですが(この神社は経路扱いですが)
ここも由緒正しい古社、ここも何度か来ていますがここから入るの初めてです。

P6161231
P6161231 posted by (C)fronte360

創建年代は不詳ながら延喜式内の古社、
斉衡元年(854年)に記された書物に『河内之国大雷火明之神従五位下』とあり、
少なくとも1200年近くこの地に鎮座されているようです。

P6161234
P6161234 posted by (C)fronte360

神社及び数多くの宝物は、大阪夏の陣の兵火で焼失したとのことですが、
石灯籠など見て回ると、江戸時代のものが多数残っていることより、
以降もまた地元の崇敬を集めていたものと考えられます。

P6161235
P6161235 posted by (C)fronte360

社殿左にある末社・天照皇大神社、ここの狛犬さんがいいんですねぇ。

P6161237
P6161237 posted by (C)fronte360

P6161238
P6161238 posted by (C)fronte360

左の狛犬さんには角が生えてるんですよね。 しかし、いい顔してるな。

P6161239
P6161239 posted by (C)fronte360

なおこの神社には「雷の手形石」というものがあるそうです。
その昔、雷が誤ってご神前に落ちてしまったそうです。
神の前に落ちるとは何事か、と怒りにふれ、雷は天に返してもらえなくなり、
そこで今後、決してこの村には落ちない、という約束をして、
その印として手形を残したのが「雷の手形石」だそうです。
(元の大阪日日新聞の記事は消えてました)

P6161241
P6161241 posted by (C)fronte360

さあて次なる目的地へと進みましょう。

P6161240
P6161240 posted by (C)fronte360

P6161243
P6161243 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする