2018年06月18日

大阪散歩20180616_八尾・若江の戦い 久宝寺口よりスタート

久しぶりに近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録です。

参加第13回目は4月14日、樫原線石見駅からの「日本のはじまりウォーク」
第14回目は5月26日、大和西大寺駅から「西大寺・秋篠寺から平城宮跡へ」
これらは省略して、6月16日に第15回目として
”八尾市制70周年「大坂夏の陣 八尾・若江の戦い」美将 木村重成を訪ねて”
に参加しました。 集合場所は、近鉄大阪線の久宝寺口駅。

P6161197
P6161197 posted by (C)fronte360

集合時間9:30〜11:00でしたが10時過ぎに到着。 すぐに地図を頂けました。

P6161198
P6161198 posted by (C)fronte360

今回のコース、ハイキングに参加するようになる前にも訪れた地もあり、
また木村重成など興味ある人物ですので心も軽くスタートです。

P6161199
P6161199 posted by (C)fronte360

近鉄大阪線の線路にそって八尾駅方面に歩き、

P6161201
P6161201 posted by (C)fronte360

穴太南(あのうみなみ)交差点より北上。
まっすぐ進むと東大阪へとつながる府道21号八尾枚方線。

P6161202
P6161202 posted by (C)fronte360

穴太(あのう)交差点で右を見たら、神社がありました。
ハイキング地図にはマークだけで説明のないポイントですが、さっそく寄り道。

P6161203
P6161203 posted by (C)fronte360

P6161204
P6161204 posted by (C)fronte360

穴太神社、廃千眼寺跡

 当地域は安康天皇の設けられた穴穂部の地、聖徳太子の生母間人穴太部皇后の成人の地と言われる。
 当社は古代氏族穴太氏の一族の祖神を祭る産土神で、境内に残る寺跡はその氏寺であったと考えられる。童子は河内鑑名所記、和漢三才図会に名刹千眼寺として紹介されている。
 この社の付近一帯はそのむかし大集落繁栄がうかがわれ、これまで奈良時代から室町にかけて住居跡の埋没が確認され、昭和五十六年の調査で多くの遺物が発掘されている。

                     八尾市教育委員会

P6161205
P6161205 posted by (C)fronte360

何はともあれ境内へと進みます。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする