2018年01月27日

コレギウム・アウレウム、ヴィヴァルディ/合奏協奏曲「四季」

この冬最大の寒波到来、奈良・大阪は時々雪が舞うものの、ただ寒い日々です。

日中の最高気温も氷点下、一日中氷点下の日々が40日も続く帯広時代、
そんな日々を6年も過ごした当方にとっては寒さもまた懐かしさが蘇ります。
卒業(退院?)以来一度も訪れてませんが、同じ年に卒業(退院?)した先輩が
教授でいるうちに行ってみたいものです。

さてこの冬、年始より続けているヴィヴァルディの四季、
説得力あるカラヤン、刺激的なマリナー、威力あるオーマンディのあとは
やはりこれでしょう。

P1279765
P1279765 posted by (C)fronte360

フランツヨーゼフ・マイヤー(vn) コレギウム・アウレウム合奏団

1977年2月録音、古楽器ブームの立役者として若かりし頃に活躍していた
コレギウム・アウレウム合奏団ですが、この1977年頃より人気は凋落して、
今は忘れられた存在になってしまいました。

そんな要因もこの演奏を聴くと何となく判るような気がします。
とにかく古楽器演奏らしくない、んですよね。 実にロマンティックな四季。
遅めのテンポ設定で、フレーズの最後に力を込め、ときに装飾音で彩っていて、
今の常識からするととても古楽器演奏とは思えない演奏です。

来日した1975年、この公演でヴァイオリンに顎当てを使っているとか
弓が現代楽器のものだとか、ヴィブラートをかけているのがおかしいとか、
色々な批判を受けて急速に日本での人気に陰りが出たのを覚えています。

でもね、そんな器のことをはずして音楽そのものを耳にすると、
とても優雅な演奏だと思いますし、個性的な演奏でもある思います。
そして何より美しい音楽としているのがお気に入りですね。

時代考証をしっかりやった先鋭的で尖った古楽器演奏で、
時おりピィーとかキューとか鳴るような落ち着かない演奏よりは
はるかに楽しめる音楽となってます。

posted by fronte360 at 08:44| Comment(0) | 18〜19-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

(2018年)2月の関西アマオケコンサート情報(追加2)

2018年2月に、京阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について追加投稿します。

※1/26(追加)
 2/17:京都むすびわざフィルハーモニック 第1回定期演奏会
 2/25:樹フィルハーモニー管弦楽団 第2回定期演奏会
 2/25:墨染交響楽団 オーケストラ名曲コンサート

それぞれ個性的な名称を持たれていますね。 興味ある方は是非いらしてください。

posted by fronte360 at 19:00| Comment(0) | 18-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪散歩20180107_松原開運六社参り・柴籬神社

新年、近鉄が主催するハイキング倶楽部「あみま倶楽部」に入りましたので、
その第1回として1月7日(日)に「松原開運六社参り」に参加してきました。

近鉄大阪線布忍駅より布忍神社を経て我堂八幡宮、そして阿麻美許曾神社。
道に迷ったもののなんとか屯倉神社に到着し、阿保神社から最後の
柴籬(しばがき)神社へと向かいます。 海泉池の端を回って南下します。

P1079455
P1079455 posted by (C)fronte360

近鉄河内松原駅の踏切を渡って南下

P1079458
P1079458 posted by (C)fronte360

商店街を通り、精肉店を目印に左(東)に折れて進むと、ありました。
「丹比柴籬宮址(たじひしばがきのみやあと)」

P1079459
P1079459 posted by (C)fronte360

反正天皇(はんぜいてんのう)がここに丹比柴籬宮を構えられたことに因み
柴籬(しばがき)神社が伝承地となっています。

P1079461
P1079461 posted by (C)fronte360

中に入ると広い境内に、茅の輪が据えられていました。

P1079463
P1079463 posted by (C)fronte360

普通は毎年6月と12月の晦日に大祓として茅の輪をくぐるのですけど、
ここは年が改まっても旧年中の厄を払うために置いてあるのでしょうかね。

P1079464
P1079464 posted by (C)fronte360

ここで六社参りのゴールとなります。
本来なら最初に訪れた神社に戻ることになりますが、ハイキングなので省略。

P1079470
P1079470 posted by (C)fronte360

もっとも歩くのが主目的、開運の絵馬を買ってませんのでここで終了。
境内をちょいと散策すると

P1079471
P1079471 posted by (C)fronte360

日本でただ一つの歯神(はかみ)を祀る摂社・歯神社もありました。

P1079473
P1079473 posted by (C)fronte360

反正天皇は生まれながらにして美しい歯をしておられたことに因んだ神社で
歯磨面が建立されてました。

P1079474
P1079474 posted by (C)fronte360

指先で歯を触れ、歯がいつまでも丈夫であるよう祈るそうです。
確かに歯は健康の源ですから、歯がいつまでも丈夫あることは大切ですね。

P1079476
P1079476 posted by (C)fronte360

ということで合計10Kmのハイキングを終えました。

P1079478
P1079478 posted by (C)fronte360

おしまい。

posted by fronte360 at 04:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

京都フィロムジカ管弦楽団 第42回定期演奏会

日時:2018年1月21日(日) 14:00開演(13:00開場)
場所:八幡市文化センター・大ホール

曲目:ブルックナー/序曲 ト短調
   ドヴォルザーク/交響的変奏曲
   ブラームス/交響曲第2番

指揮:柴愛

P1259763
P1259763 posted by (C)fronte360

京都フィロムジカらしい覇気ある演奏会でした。 指揮者の柴愛さん、弦楽アンサンブルをしっかりと纏めた聴き応えのある音楽つくりが印象的。 調べてみると京都フィロムジカとは4回目の共演なのですね(2011年第29回定演、2012年第31回定演、2014年第35回定演)。 弦楽器の編成は 9-9-8-9-6 だったでしょうか、中低弦に比重の高い構成ながら絶妙なバランス感覚で曲の屋台骨を構成していたのは弦楽奏者出身だからでしょう。 終始精緻に振ってオケをしっかりと纏めていましたが、ブラームスの交響曲第2番のフィナーレではギアを一段上げ、熱い音楽が迸るフィナーレは圧巻でした。

柴愛さん、奈良女オケで副指揮者をされていた2007年と2012年、牧村邦彦さんが常任指揮者を退任された直後の2014年の指揮を聴かせてもらっていますが、やはり弦楽アンサンブルの巧さが光っていました。 冒頭のブルックナーの序曲、若書きの習作で当方は初めて聴く曲ながら、冒頭の力強く深い響きから、まさにブルックナーの世界を醸成していた驚かされました。 そんなキレの良い弦楽器の各パートを纏めて小気味よく曲を進め、2管編成ながらもじつにスケールの大きな管楽器の響きで彩られた音楽でした。

続くドヴォルザークの交響的変奏曲も初めて聴く曲。 ドヴォルザークらしい郷愁も感じさせた開始より正確なアンサンブルで主題を変奏させてゆきました。 覇気あるオケと気鋭の指揮者による演奏、でも見方を変えると、マジメなオケと正確な指揮。 ちょっとスキマとかウィットも欲しくなるもので、常に前に前にと進む音楽に少々堅苦しさも感じたりもしました。 でもヴァイオリンのソロがオケ全体の響きにマッチしていたり、懐かしい旋律も見え隠れし、またフーガの妙味も感じさせ、フィナーレもまたカッコ良く熱く閉じました。 オケは頑張っていましたが、しかし少々聴き疲れしてしまった感じとなっておりました(すみません体力なくなってて)。

20分間の休憩のあと、今度はお馴染みのブラームスの交響曲第2番。 終楽章の冒頭、チェロ9本、コントラバス6本が壮観でした。 このように書くと単に低音がゴリゴリと鳴るイメージですが、綺麗に揃ったアンサンブルをやや明るめに響かせて、曲の底流を伸びやかに流していたのにぐっと魅かれました。 またヴァイオリンは9人編成だけれども快活で覇気のある響き、抑揚を巧くつけて歌うブラームス。 そこに金管楽器をストレートに響かせて輝かしく音楽となってコーダでは更に一段をギアを上げて圧巻のフィナーレ。 若さ溢れるブラームスに会場より大きな拍手が湧きあがりました。 ステージで演奏されていた方々を見ていると、やりきった感が漂っていました。 若さあふれた覇気ある演奏会。 アンコールが無かったのは、このやりきった感では不要なのと納得しました。

若いオケと指揮者による覇気に満ちた演奏会、皆さんお疲れさまでした。



posted by fronte360 at 19:00| Comment(0) | 18-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪散歩20180107_松原開運六社参り・阿保神社

新年、近鉄が主催するハイキング倶楽部「あみま倶楽部」に入りましたので、
その第1回として1月7日(日)に「松原開運六社参り」に参加してきました。

近鉄大阪線布忍駅より布忍神社を経て我堂八幡宮、そして阿麻美許曾神社。
道に迷ったもののなんとか屯倉神社に到着、境内をうろうろしていると・・・
境内社に酒屋神社なるものを発見。 式内社とありますね。

P1079436
P1079436 posted by (C)fronte360

屯倉神社の屯倉とは倉庫のことで、ここで米を貯蔵していて、
それを使って酒を造っていた、ということでしょうか。 興味深い神社です。

P1079439
P1079439 posted by (C)fronte360

さて先を急ぐことにして、
屯倉神社の境内を出て通ってきた中高野街道をまた南下してゆきます。

P1079443
P1079443 posted by (C)fronte360

0.8Kmほど南下すると、小さな境内に人がいっぱいの阿保(あお)神社を発見。

P1079445
P1079445 posted by (C)fronte360

ハイキングマップの裏の「阿保(あお)神社」の解説に以下が書かれてました!?

> 阿保(あお)の名は「土佐日記」の作者として知られる在原業平の父・・・

おぃおぃ! 「土佐日記」の作者は紀貫之でしょうが!
在原業平は「伊勢物語」ですね、おまけに業平はそのモデルであって、
伊勢物語の作者は業平かどうかは決着していないはず・・・とツッコミを入れ
境内に入ります。

P1079446
P1079446 posted by (C)fronte360

このテントの中では書初めをやっていて

P1079447
P1079447 posted by (C)fronte360

それを「書き初め絵馬」としてボランティアの方が貼りだしていました。

P1079451
P1079451 posted by (C)fronte360

P1079450
P1079450 posted by (C)fronte360

なお境内のクスノキは樹齢1,000年の古木だそうです。

P1079453
P1079453 posted by (C)fronte360

歴史の古さを物語っていますが、とても賑やかな神社でした。

P1079452
P1079452 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 04:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

大阪散歩20180107_松原開運六社参り・屯倉神社

新年、近鉄が主催するハイキング倶楽部「あみま倶楽部」に入りましたので、
その第1回として1月7日(日)に「松原開運六社参り」に参加してきました。

近鉄大阪線布忍駅より布忍神社を経て我堂八幡宮、そして阿麻美許曾神社。
このあと道に迷ったもののなんとかオンコースして大和川の土手を歩きます。

P1079418
P1079418 posted by (C)fronte360

このちょっと変な建物は、大阪市環境事業局平野工場。
ひらたくいうとゴミ焼却場ですね。

P1079420
P1079420 posted by (C)fronte360

この先の阪神高速の下をくぐり、高野大橋まで歩きます。

P1079419
P1079419 posted by (C)fronte360

高野大橋より土手を降りて右(南)に折れ、

P1079421
P1079421 posted by (C)fronte360

さらに中高野街道に移ってまた南下します。

P1079423
P1079423 posted by (C)fronte360

そしてようやく屯倉(みやけ)神社に到着。

P1079425
P1079425 posted by (C)fronte360

屯倉神社
菅原道真公を主祭神とする神社で、かつては三宅天満宮と呼ばれていました。

P1079428
P1079428 posted by (C)fronte360

屯倉(みやけ)とは、古代に朝廷の倉庫があったことに因む名称です。
境内は戦国時代に河内を支配した畠山氏の国人の三宅氏居館跡らしいです。

P1079426
P1079426 posted by (C)fronte360

今は天満宮らしく梅が多く植えられているようです。

P1079432
P1079432 posted by (C)fronte360

そして牛もおりました。

P1079430
P1079430 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 04:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

大阪散歩20180107_松原開運六社参り・大和川

新年、近鉄が主催するハイキング倶楽部「あみま倶楽部」に入りましたので、
その第1回として1月7日(日)に「松原開運六社参り」に参加してきました。

近鉄大阪線布忍駅より布忍神社を経て我堂八幡宮、そして阿麻美許曾神社。
ここでスマホからアップした記事で神社の読み方を間違ったのが原因か・・・
道に迷ってしまいましたよ。

南、東と迷ったあげく、元の位置に戻って地図とスマホのGPSとを見比べて
目の前の信号機が地図に載っている信号と違うとの結論に至り、北に向かってGO!!
大和川に到着、ようやくコースに乗りました。

P1079407
P1079407 posted by (C)fronte360

土手を渡る踏切を越えて東へと進みます。

P1079408
P1079408 posted by (C)fronte360

P1079409
P1079409 posted by (C)fronte360

しばらく歩くと、土手の下、河原に消防自動車が集まってるのが見えました。

P1079410
P1079410 posted by (C)fronte360

松原市消防出初式、とのこと。

P1079411
P1079411 posted by (C)fronte360

P1079412
P1079412 posted by (C)fronte360

訓示でしょうか、何言ってるかまでは聞こえませんが凛々しいですね。

P1079413
P1079413 posted by (C)fronte360

敬礼っ!

P1079415
P1079415 posted by (C)fronte360

そんなのを横目で見ながら先を進みます。
遠くに見えるのはあべのハルカス、あそこが天王寺だと一目瞭然の高さです。

P1079416
P1079416 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 04:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

大阪散歩20180107_松原開運六社参り・阿麻美許曾神社

新年、近鉄が主催するハイキング倶楽部「あみま倶楽部」に入りましたので、
その第1回として1月7日(日)に「松原開運六社参り」に参加してきました。

近鉄大阪線布忍駅より布忍神社を経て我堂八幡宮、次は阿麻美許曾神社です。
我堂八幡宮を出て左(西)に少しあるいて善正寺の手間の角を右(北)に折れ、
北進します。

P1079391
P1079391 posted by (C)fronte360

西除(にしよけ)川を渡って北へ北へと進み、天美西3交差点より東へ、
そして天美北7交差点でまた左(北)に折れると、見えてきました。

P1079396
P1079396 posted by (C)fronte360

阿麻美許曾神社(あまみこそじんじゃ)

P1079397
P1079397 posted by (C)fronte360

素戔嗚神命(すさのおのみこと)を主祭神とする古社。
延長5年(927年)にまとめられた「延喜式」に記載された神社一覧に載る
いわゆるである式内社です。

P1079399
P1079399 posted by (C)fronte360

境内に入るとクスノキで圧倒されますね。 樹齢500年以上だそうです。

P1079400
P1079400 posted by (C)fronte360

P1079401
P1079401 posted by (C)fronte360

もとは矢田村の氏神であったそうですが、江戸時代に大和川の付け替えにより
川が矢田村を分断されて神社が大和川の南岸に切り離されてしまいましたが、
河内天美(かわちあまみ)という地名の由来になった由緒ある神社です。

P1079405
P1079405 posted by (C)fronte360

さて次は屯倉(みやけ)神社、約3.1Kmの行程となります。






posted by fronte360 at 04:00| Comment(0) | 18-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

飛行神社

八幡市まで来たので、二宮忠八が創始した飛行神社にもやって来ました。
1516519552638.jpg1516519562056.jpg1516519570475.jpg1516519577987.jpg
posted by fronte360 at 16:27| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つなひき

大渕池公園の前にある彫刻「つなひき」
お気に入りです。
カメがかわいい!
1516500090373.jpg1516500097725.jpg
posted by fronte360 at 11:02| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする