最近の記事

2017年11月28日

近畿フィルハーモニー管弦楽団 第13回ファミリーコンサート

日時:2017年11月26日(日) 14:00開演(13:00開場)
場所:八尾市文化会館プリズムホール・大ホール

曲目:ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
   チャイコフスキー/バレエ組曲「くるみ割り人形」
     小序曲、行進曲、金平糖の踊り、ロシアの踊り(トレパーク)、
     アラビアの踊り、中国の踊り、葦笛の踊り、花のワルツ
  【映画音楽特集】
   ジョン・ウィリアムズ/「スターウォーズ」よりメインテーマ
   ジョン・ウィリアムズ/ジュラシックパーク
   エンリオ・モリコーネ/ニューシネマパラダイス
   久石譲/オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」-*
     さんぽ、五月の村、ススワタリ〜お母さん、トトロがいた!、
     風のとおり道、まいご、ネコバス、となりのトトロ
(アンコール)日本の唱歌メドレー

ナレーター:石川未菜子(劇団ひまわり)

指揮:木下麻由加

PB288741
PB288741 posted by (C)fronte360

とっても気持ちの良い演奏会でした。 子ども向けのファミリーコンサートながら、木下麻由加さんに率いられた近フィルによる演奏は、溌剌としながらもあざといアクセントや声高にメロディを主張することのない、常に上質な響きが満載。 素敵な音楽をいっぱい届けてくださいました。

冒頭の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲。 重量感のあるブラスと恰幅の良い響きが見事にブレンドされて、落ち着いて進んでゆきました。 堂々たる演奏でしたが、トランペットの旋律もきちんと抜けて聴こえてくる見晴らしの良さとオケの纏まりの良さが光っていました。

「くるみ割り人形」はチャーミングで綺麗な響きを主に、各曲の特長を巧く捉えていて、オケもまったく弛緩することのない好演の連続。 低弦がしっかりと曲を支えた上で、各パートがしっかりと持ち場を守っていて、それを木下麻由加さんによる絶妙のバランス感覚でリードされた演奏で届けられました。 大きな特徴は無いのだけれど、すっ〜心にと入ってきて琴線をちょこっとくすぐる感じ。 楽しい時間でした。

映画音楽になると、迫力を増した演奏となりましたね。 お馴染み「スターウォーズ」では畳み掛けるブラス、リズミックな音楽としましたが、ここでも何かを突出させることのない上質な音楽。 ジュラシックパークでは、より重量感ある響きを演出したりホルンやピアノなどの美しい響きを駆使しながらも、華美にならない端正な音楽造り。 ニューシネマパラダイス、響きを深めにとって柔らかくうねるようにして、懐かしさを込めたじっくりと腰の据ったサウンド。 クラリネットやバストロ、チューバも好演でしたね。

木下麻由加さん、奈良女のオケなどで何度も聴かせてもらっています。 強烈な個性はないけれど、通俗名曲といわれるような曲でも、オケの良いところを巧く引き出して、耳に馴染んだ曲ながらも聴き応えのある演奏に仕立てて届けくださって、並々ならぬ手腕、と密かに思っています。 将来が楽しみです。

さて、ここまでそんな指揮者の木下麻由加さんご自身が簡単な曲目解説をしながら進める形式でしたが、最後に演奏されたオーケストラストーリーズ「となりのトトロ」。 石川未菜子さんによる映画場面のお話しとともに奏でられた音楽は、映画の名シーンが目の前に浮かんでくるようでした。 ナレーターの石川さんの声質が主人公のメイちゃんに似ていたことも大きかったかもしれませんね。 そして演奏されていた方々もまた映画の場面を思い浮かべていたのかもしれません。 とにかく共感と臨場感のある演奏が展開されて会場は大いに盛り上がりました。 本当に素晴らしい時間を共有させていただきました。

そしてアンコールの日本の唱歌メドレー。 客席を向いて指揮する木下麻由加さんに合せて歌詞を口ずさむなど、大人も参加もできる演奏会となっていて、子どもから大人まで、文字通りファミリーでのとても楽しい演奏会がお開きとなりました。 演奏者の皆さん、お疲れさまでした。 そして素敵な時間をありがとうございました。



 
posted by fronte360 at 18:39| Comment(0) | 17-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知散歩20171104_馬路村ゆずはじまる祭り・工場見学

11月2日〜6日、休みを2日追加して高知を満喫してきました。
今回の旅のメイン・イベント、馬路村で催される「ゆずはじまる祭り」。
ごめんはなり線の企画「ゆず列車」の乗って参加してきました。

PB048642
PB048642 posted by (C)fronte360

魚梁瀬森林鉄道の跡を見ながら橋を渡ったところにあるのが
馬路村ふるさとセンター「まかいちょって家」

PB048644
PB048644 posted by (C)fronte360

観光案内にお土産物も扱っていて、ここで柚子ポン酢の「1000人の村」を購入。
いつもの「ゆずの村」よりも柚子が強めに入っているのですね。
目的達成なので元来た道を戻って、工場見学しましょう。

PB048652
PB048652 posted by (C)fronte360

JA馬路村柚子の森加工場。

PB048649
PB048649 posted by (C)fronte360

2階に上がって、通路より見学です。

PB048648
PB048648 posted by (C)fronte360

瓶詰めの工程のようですね。

PB048646
PB048646 posted by (C)fronte360

PB048647
PB048647 posted by (C)fronte360

工場の横に流れる安田川。 アユも名産です。

PB048650
PB048650 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 04:00| Comment(0) | 17-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする