最近の記事

2017年08月16日

魚は無くてもサラダはある

今宵は魚を廃して高知県産ピーマンの肉詰めと、鶏の砂肝焼いて高知特産ブシュカン添え。
そして冷奴にサラダは定番ですね。 あっ、土佐鶴も!
1502879277282.jpg1502879290172.jpg
posted by fronte360 at 19:29| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐川にやって来ました

以前来たときよりも整備されてますが、落ち着いた街並みはそのままですね。
青山文庫のあと牧野公園から雨が降りだしました。
新しく出来た牧野富太郎ふるさと館を見たあと、ここも新しく出来た旧濱口邸の観光案内所で地酒ならぬ地乳を頂きました。
雨が上がったので佐川地質館は初めて行きましたが、子ども向けと思いきや詳細な展示。気合い入れて見て少々疲れました。心地良い疲労感。
1502865686494.jpg1502865698123.jpg1502865709636.jpg1502865719846.jpg
posted by fronte360 at 15:43| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知散歩_今日は送り火の日ですが

今日でお盆はおしまい、戻ってきた霊を送る送り火を焚きますね。

全国的には「おがら」という皮をはいだ麻の茎を用いるのが一般的と思います。
軽くて白くて長くて、手で簡単に折れるのがマーケットでも売られてますが、
高知では見かけません。

では迎え火や送り火は何を焚くかというと・・・
これは先日の土佐久礼での雑貨屋さんの店頭の風景ですが、

P8147816
P8147816 posted by (C)fronte360

スリッパが並んでいる棚の下、黒いケースの中に並んでいるものを焚きます。

P8147817
P8147817 posted by (C)fronte360

「盆松」そのとおり松の木、「たいまつ」として売られているお店もあります。
「たいまつ」を焚くのは、強い火で送り迎えできるからだそうです。
なんとも高知らしい熱い情熱的な理由と思います。


posted by fronte360 at 05:38| Comment(0) | 17-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知での収穫物・ニール・セダカ/ブレンダ・リー〜イン・コンサート

13日、岡豊の歴史民俗資料館より高知駅に戻ってから中古屋さんに直行。
お目当てのレコードセットは既に売り切れていて後悔しきり・・・
7月に来たに重さにかかわらず買っておけば、と。
これも縁と諦めましょう。 そして高知での退屈しのぎにDVDを2枚を捕獲。

P8147885
P8147885 posted by (C)fronte360

■キープ MOST FAMOUS CLLECTION 2 ニール・セダカ〜ライブ・イン・コンサート(PSD-502(DIDV-99012J):216円)
■キープ MOST FAMOUS CLLECTION 20 ブレンダ・リー〜イン・コンサート(PSD-520(AS-13225J):216円)


いずれも1980年代のライブでしょうか。
ミス・ダイナマイトと呼ばれたブレンダの迫力ある歌は圧巻ですね。
いずれも自分とは一世代前に活躍されていた人ですが中学時代に聴いてて、
これらは自分にとっての音楽原点のひとつと思います。

さて今日は送り盆・・・、どこに行くかな・・・


posted by fronte360 at 05:18| Comment(0) | 17-CD/LP/DVD音盤捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする