2016年12月31日

ベーム/ウィーン響、ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」

テレビは面白くないし、家人のいない一人我が家・・・
ステレオ部屋にやってきて、やはり年末なので第九を聴きましょう。

中学生だった頃に初めて買った第九のレコード、定価900円。 疑似ステレオ盤。
フォンタナのグロリア・シリーズで、レコード番号も FG-9 ですね。
後年、パイロットなんとかでダブル・ジャケットにもなりました。
こちらは統一ジャケット、しかもペラ・ジャケのものです。

PC315485
PC315485 posted by (C)fronte360

ベートーヴェン/交響曲第9盤「合唱」
  テレサ・シュティッヒ=ランダル(S)
  ヒルデ・レッセル=マイダン(A)
  アントン・デルモータ(T)
  パウル・シェフラー(Br)
    カール・ベーム指揮 ウィーン交響楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団

小遣いが月1,000円だった中学生の頃、吟味に吟味を重ねて捕獲した1枚。
重心の低い演奏ながら若きベーム、溌剌として時に気負いも感じるようでもあり、
疑似ステレオという悪条件ですが、質実剛健としたドイツらしい堂々たる演奏。
久々に聴いた懐かしくもありますが、想像していたよりも悪い演奏ではないですね。

音楽に没入してしまうからかもしれませんけれど、録音の可否を述べる前に、
また演奏の善し悪しを評価する前に、自分の感性とヒットするかでしょうね。
とにかく来年も自分らしく生きたいものです。

皆さんいろいろとお世話になりました。 皆さん良いお年を!!!
そして世の中が平和で、よりよい世界になりますように!!!


posted by fronte360 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正月用のお酒2種

どっちから先に飲むか、、、

右側は、お馴染みの土佐鶴新酒。この前の高知行きで捕獲したもの。

左側は、奈良豊澤酒造の朱雀門金箔入。ご近所マーケットで捕獲しました。

大晦日の楽しみ、やね。
1483175845025.jpg
posted by fronte360 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニコレ、J.S.バッハ/フルート・ソナタ全集

大晦日の朝、いつもなら高知で正月を迎えているところだけれど、
今年は休みが短いことよりも昨年末のドタバタもあって高知行きを断念。
5年連続だったのですけれど・・・

落ち着いて自宅ステレオの前に陣取ってレコード鑑賞中。

PC315484
PC315484 posted by (C)fronte360

J.S.バッハ/フルート・ソナタ全集
 フルートとオブリガート・ハープシコードのためのソナタ イ長調 BWV1032
 フルートとオブリガート・ハープシコードのためのソナタ ロ短調 BWV1030
 無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013
 フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV1035
 フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034
   オーレル・ニコレ(fl)
   クリスティアーヌ・ジャコテ(hpsi)
   藤原真理(vc)

1984年5月10/12日、ローテンフルー教会(スイス)での録音
日本コロムビアのスタッフがヨーロッパにPCM録音機材を持ち込んで
一連の録音をしたシリーズ。

ニコレにはカール・リヒターと組み、リヒターに煽られたかのような
ドライブ感に溢れた疾風怒濤の全集もありますけれど、
再録音となるこちらの全集は、ジャコテと藤原真理を従えた円熟の演奏。
心が温まるようです。

高知に行く家人を見送り、正月を迎える準備をしましょう。



posted by fronte360 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする