2016年12月27日

高知散歩20161202_歴民館・高知県内の津波碑を3D画像化

11月は、会社行事目白押しで身動き取れず、とっても疲弊したので
12月になると金曜・月曜とお休みをいただいて、高知に行ってきました。

12月2日早朝、高知到着、昼前にまた高知市街に出て高知駅バスターミナルより
高知県立歴史民俗資料館(歴民館)に行き「発掘された日本列島」を鑑賞。
ここに来たかった、もう一つの理由がコレです。

PC025222
PC025222 posted by (C)fronte360

高知県内の津波碑を3D画像化 県立歴史民俗資料館で公開中
そんな高知新聞の記事をネットで見たからですね。

PC025224
PC025224 posted by (C)fronte360

いちおうこのような業界にいますし、地震・津波も他人事ではないですものね。

PC025223
PC025223 posted by (C)fronte360

ロシア製のソフトらしいですが、スムーズに動きますね。
なかなか使い勝手も良かったですよ。

PC025225
PC025225 posted by (C)fronte360

説明も出ますしね。
◆左面
大正十二年九月一日関東大地震横死者十五萬人霊魂供養塔
・訳と意味・
これは関東大震災の死者十五万人の霊魂の供養塔である。


これは良い体験でした。


posted by fronte360 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする