最近の記事

2016年04月12日

高知散歩20160320_潮江天満宮・楼門

昨日は臨時休業日、会社を休んで自宅でのんびり・・・とはいかず、
19,331歩も歩いていましたが、写真の整理がついていないので、
いつもながらの高知の話題。 しっかし会社休むとこのまま休み続けたい気分・・・

3月20日(日)、前夜の飲み過ぎのカロリー消費も兼ねての鏡川沿いの散歩。
潮江天満宮までやってきましたが、社殿にはお宮参りの方がいらっしゃたので、
早々にまた歩くことにしましたけれど、この楼門を見逃すわけにはいきません。

P3203077
P3203077 posted by (C)fronte360

社殿など多くの建造物が太平洋戦争の高知大空襲で灰燼に帰したなかで
この楼門は嘉永6年(1853年)の造営で、高知市指定有形文化財なのですね。
ただし明治32年(1899年)の大暴風雨で倒潰し、同35年(1902年)に
位置と向きを変えて現在地に再興されたものらしいですが。

P3203080
P3203080 posted by (C)fronte360

でも周囲を飾る神仙瑞祥の彫刻が見事で、これを見逃すことはできません。

P3203081
P3203081 posted by (C)fronte360

P3203082
P3203082 posted by (C)fronte360

P3203083
P3203083 posted by (C)fronte360

P3203084
P3203084 posted by (C)fronte360

そして正面

P3203086
P3203086 posted by (C)fronte360

土佐の名匠島村安孝の名作鳳凰翔舞の彫刻が圧巻です。

P3203085
P3203085 posted by (C)fronte360

堪能しました、次へと参りましょう。

P3203089
P3203089 posted by (C)fronte360


 
posted by fronte360 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする