2015年11月03日

高知散歩20151011_到着2日目・鏡川紅葉橋

今年の10月のシルバーウィーク、高知に行ってきました。

2日目、前夜も酷く咳き込んで最悪の体調でしたけれど、懐寂しく・・・
街中に出るために、ゆっくりと歩きながら鏡川の紅葉橋にやってきました。

PA111850
PA111850 posted by (C)fronte360

鴨部側では地区の交流会のような催しがされていて賑やかですが、
対岸には綺麗なコスモス畑みたいなのが見えました。

PA111851
PA111851 posted by (C)fronte360

急ぐ用事も無いので、体調は悪いけれど、ここに行ってみましょう。
綺麗な花を見ると元気が出るかも・・・

PA111852
PA111852 posted by (C)fronte360

ところで対岸はこんな感じで盛り上がってます。
ステージではカラオケ大会をやってまして、こちら側にもよく響いてきます。
さすがにステージで歌うだけあって、とにかく巧いなぁ〜、感心しました。

PA111855
PA111855 posted by (C)fronte360

おっと、コスモス畑でしたね。 こちらも競うように綺麗に咲いてます。
生憎の曇天で陽が射してないので写真ではイマイチですけれど・・・
当方の体調では陽射しがなくてよかったみたい。

PA111854
PA111854 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

高知散歩20151010_到着1日目・早朝の上町1丁目

今年の10月のシルバーウィーク、高知に行ってきました。

10月もまだ咳き込んでいて、体調良くありませんが深夜バスを利用して
早朝の高知に到着。 電車道を歩いて上町1丁目にやってきました。

PA101819
PA101819 posted by (C)fronte360

坂本龍馬生誕の地

PA101820
PA101820 posted by (C)fronte360

朝早いので観光客はおりません。

PA101821
PA101821 posted by (C)fronte360

このセンス、なんとかして欲しいような・・・

PA101822
PA101822 posted by (C)fronte360

上町1丁目の電停より城西館を眺めます。
明治7年創業の老舗ホテル、皇族や吉田茂など歴代総理大臣の定宿ですね。
入ったことないけど・・・

PA101824
PA101824 posted by (C)fronte360

運よくすぐに路面電車がやってきましたぜ。
とにかくこれに乗って移動、まずは休憩することにしました。

PA101825
PA101825 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

パスキエ三重奏団、ラヴェル/P,Vn,Vcのための三重奏曲

今朝は 4.5℃まで冷え込んだ奈良は8時前でも 6.7℃らしい。
本日より11月となって晩秋、そろそろ冬仕度を考えないといけない感じ。

今朝は昨日作った甘酒を温めなおしたのを飲みながら室内楽を鑑賞。

PB011979
PB011979 posted by (C)fronte360

ラヴェル/ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重奏曲 イ短調
ルーセル/フルート、ヴァイオリン、チェロのための三重奏曲 ヘ長調
ルーセル/ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための三重奏曲 イ短調
  リュセット・デカーヴ(p)
  ジャン=ピエール・ランパル(fl)
  パスキエ三重奏団

2010年5月にレコファン渋谷BEAM店の100円餌箱より救出した1枚です。
盤面チェックしての捕獲ですが、予想外にスクラッチ・ノイズが多くて残念でした。
でも、こんなときにこそ新カートリッジ スタントン 500-II が有効ですね。

かつては「放送局用」などと呼ばれたカートリッジらしく
たっぷりと針圧を 4.5g かけ、溝のゴミを掻き分けて安定感よく進みますし、
国産カートリッジのように広帯域をカバーするタイプではなく
中低域重視なのでスクラッチ・ノイズもあまり気になりません。
気軽に音楽を楽しむにはうってつけ。

短調のラヴェルの三重奏曲は、叙情的で内面深く訴えかけるような感じですが、
フルートを加えたルーセルの長調の曲は優美で魅惑的ですね。
ランパルのフルートが煌びやかでありながら落ち着いた色合いもあっていいな。

いずれもモノラル録音ですが、チェロのピチカートに代表される腰の強い響き、
これもスタントン 500-II によるところ大でしょう。
DJ用、スクラッチ用として売られていましたが刺激的ではないですね。

さあて陽も射してきましたので、のろのろと活動を開始するとしましょうか。


posted by fronte360 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする