2015年01月15日

サム・テイラー、ハーレム・ノクターン

今宵もレコード鑑賞ですけれど、大人の音楽、ムード音楽です。
ムード音楽、今では死語かもしれませんけどね、でも自分の中では現役です。

1960年代後半、ハーレム・ノクターンを大ヒットさせたサム・テイラー。
官能的なムードテナーの第一人者として、たびたび日本も訪れていましたが、
自分の時代よりちょっと早かったみたい。 リアルではあまり意識ありません。

ただ自分が小学〜中学時代、我が家がまだ電蓄(これが分かる人は同年代)で、
ビートルズの「Let it be」なんか買って聴いていたとき、
母親が心斎橋の三木楽器の廃盤コーナー、「安かったから」という理由で買った、
それがこのサム・テイラーのレコード。 それ以来、お馴染みになっております。

P1159600
P1159600 posted by (C)fronte360

サム・テイラー:ハーレム・ノクターン

Side A
 ハーレム・ノクターン
 夕日に赤い帆
 スターダスト
 ジャニー・ギター
 ひき潮
 ムーングロウ

Side B
 ダニー・ボーイ
 恋人よ我に帰れ
 サマータイム
 枯葉
 ストーミー・ウェザー
 ディープ・パープル

デッカ原盤ですが、テイチク・レコードの発売になっていた時代です。

大人の音楽、子供の頃よりけっこう気に入っていたオマセさんでしたけど、
こうやって馬齢を重ねてから聴くムード音楽もまた良いものです。

● ハーレム・ノクターン



ダイナミックでエネルギッシュなテナー・サックス。
これは誰しも耳にしているだろうサム・テイラーの代表的な演奏ですね。


● 恋人よ我に帰れ



コーラスが入ったボサ・ノバ調でゴキゲンです。
この演奏もどこかで一度は聴いたことがあるのではないかな ?


posted by fronte360 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始の高知旅_正月2日・はりまや橋(その3)

いきなり正月2日、はりまや橋の浜幸前、濱長さんによるお餅つきを終え、
はりまや橋筋商店街に入って食事をとってから、京町筋に入ると・・・
賑やかな太鼓の音、獅子舞ですよ。

P1029420
P1029420 posted by (C)fronte360

はりまや橋商店街の中央には「羊」の書き初めも掲げられてましたが、
時間が遅くなってしまって、獅子舞は終ったのかと思っていましたけれど、
やっと遭遇。 ここは先日紹介した、書店跡に入った土産物屋さんですね。

P1029422
P1029422 posted by (C)fronte360

商店街を獅子舞が練り歩いている土佐のお正月、これまたよろし。

P1029423
P1029423 posted by (C)fronte360

子供の頭を噛んだりして、またお店の中に入っていってしまいました。
小さく写っている白いスーツの女性は「ミス高知」ですね。
ご祝儀をあげると、ミス高知より八幡さんのお札を頂けるようですよ。

P1029424
P1029424 posted by (C)fronte360

ミニはりまや橋
当方が最初に高知にやってきた1978年、まだ大きな橋があったのですけどね。
下は川ではなく駐車場だったかなぁ、「がっかり橋」の由来でした。
この当時の旧欄干は、播磨屋橋公園の地下に展示されてます。


posted by fronte360 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする