2015年01月14日

プレイ・バッハ・プレイ・バック −第3集−

面白いテレビ番組も無いので、レコード鑑賞。
クラシックも良いけど、カートリッジを Pickering V-15 micro IV にしたので

P1149599
P1149599 posted by (C)fronte360

ジャック・ルーシェの肖像
 プレイ・バッハ・プレイ・バック −第3集−
   ジャック・ルーシェ(p)、
   ピエール・ミシュロ(ds)、クリスチャン・ギャロ(ds)

Side A
 パルティータ 第1番 変ロ長調
   前奏曲−アルマンド
   クーラント
   サラバンド
   メヌエット 第1番
   メヌエット 第2番
   ジーク

Side B
 コラール
 前奏曲 第6番 ニ短調 -*
 アリア 組曲第3番 ニ長調から
 前奏曲 第16番 ト短調 -*
 フーガ 第16番 ト短調 -*
 前奏曲 第21番 変ロ長調 -*
   -* 平均律クラヴィア曲集より

ジャズでバッハ演奏の先駆けでしょうね、ジャック・ルーシェ・トリオ。

左スピーカより ジャック・ルーシェ (p)
右スピーカーより ピエール・ミシュロ (b)、クリスチャン・ギャロ (ds)
はっきりと分離して聴こえてくるのが時代を感じさせますけれど、
出てくるバッハ演奏は普遍、いいですねぇ、リラックスします。

ピエール・ミシュロのウッド・ベースがいい感じ。
曲をリードしているようで、これがトリオ演奏の良いところかも・・・
クラシックならさしずめカルテット、四重奏でしょうけれど、
ジャズやロックはトリオ、三重奏が究極のコンポ・スタイルと思いますね。



posted by fronte360 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始の高知旅_正月2日・はりまや橋(その2)

いきなり正月2日、はりまや橋の浜幸前、濱長さんによるお餅つき。
お餅が搗きあがってから、今度は芸妓さん舞妓さんの踊りもありました。

P1029412
P1029412 posted by (C)fronte360

それも2曲も・・・

P1029415
P1029415 posted by (C)fronte360

こんな風習が息づいている土佐のお正月は素晴しい。

P1029408
P1029408 posted by (C)fronte360

綺麗どころをもう2枚

P1029416
P1029416 posted by (C)fronte360

P1029414
P1029414 posted by (C)fronte360

このあと、搗いたお餅が、餡餅とぜんざいとして振舞われて、最高ですね
欲張りなので、餡餅とぜんざい、両方とも頂きました。


posted by fronte360 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする