2015年01月12日

西播磨交響楽団 第19回定期演奏会

日時:2015年1月10日(土) 14:00開演(13:30開場)
場所:たつの市総合文化会館・アクアホール

曲目:第1部 映画&TVの中のクラシック音楽
      L.アンダーソン/舞踏会の美女
      L.アンダーソン/タイプライター
      L.アンダーソン/ブルータンゴ
      シベリウス/交響詩「フィンランディア」
      カバレフスキー/組曲「道化師」より「ギャロップ」
      デュカス/交響詩「魔法使いの弟子」
   第2部 ニューイヤーコンサート
      J.シュトラウス2世/喜歌劇「こうもり」序曲
      J.シュトラウス2世/常動曲
      J.シュトラウス2世/ポルカ「雷鳴と電光」
      J.シュトラウス2世/ピチカートポルカ
      J.シュトラウス2世/トリッチ・トラッチポルカ
      J.シュトラウス2世/アンネンポルカ
      J.シュトラウス2世/ワルツ「南国のバラ」
(アンコール)J.シュトラウス2世/美しく青きドナウ
(アンコール)J.シュトラウス/ラデツキー行進曲

指揮:原田芳彰


P1129579
P1129579 posted by (C)fronte360


青春18きっぷを使って遠出をした甲斐がありました。 よく訓練されたオーケストラを、よく考えられた指揮がドライブして、良い雰囲気を醸し出していました。 お客さんもとても暖かい雰囲気で、アンコール演奏を終えて舞台が暗転しても拍手が鳴り止まず、指揮者の方が出てきて一段と大きな拍手でやっとお開き。 素適な演奏会で2015年を始めることが出来ました。

JR竜野駅より歩いて揖保川沿い、たつの市総合文化会館アクアホールに行きました。 ここは町村合併される前の旧揖保川町の庁舎の脇にあるようですね。 ホールに入ると500席ほどのとても綺麗なホール。 2階席も80席ほどあるので最前列を確保しました。 最前列でなくても席間が広くとってあって楽ちん、最前列は広々としていいホールですね。

ステージを見るとコントラバス4本が正面奥・向かって右側半分に並んでいました。 ウィーンフィルのニューイヤーが開催されるムジークフェライン流ですね。 オーケストラも弦楽器が 10-7-6-8-4 の対向配置となっていました。 なかなかに本格的です。 お客さんが続々と入って、1階席はほぼ満席。 2階席も最終的には7割ほど入ったようです。

第1部は「映画&TVの中のクラシック音楽」、耳馴染みのあるライト・クラシックスの演奏をお気軽に・・・でしょうか、。 白いジャケット姿で出て来られた指揮者の原田さんの出で立ちもその趣向なのでしょうけれど、とてもしっかりとした演奏内容に失礼ながら驚きました。 小ホールということもあって、やや直接音が多くあることより全般的に煌びやかな音色になっていますが、艶やかでたっぷりとしたヴァイオリンの響きなどたいしたもの。 横一列に並んだコントラバスと前列のトロンボーンが協調しあっていい感じでした。

タイプライターの演奏前には、指揮者の原田さんが無言でタイプライター奏者を立たせ、無言でにこやかに楽器紹介。 最近、演奏会でよく喋く指揮者もいらしてそれも良いのですけれど、ジャスチャーや表情などで客席に伝えるのもちょっと気取った感じで良いものですね。 もちろん肝心の演奏も、抑制を巧く効かせつつも小気味良く進め、きちんとした奥行き、時に推し出しの強さも持たせた演奏に感心しました。

オーケストラも原田さんの指揮によく合わせていて見事。 よく訓練されているように感じましたが、ブルータンゴでは 1st.ヴァイオリン末席の年配で白髪の男性奏者の方が、投げ出した左足でリズムをとりながらの演奏は雰囲気あって、見ていても楽しくなりました。 サックスの音を効果的に使われていたように、判りやすさを前面に出しつつも、各楽器にスポットライトを当てながら進める音楽。 耳に馴染んだ曲ながら発見があって大いに楽しめました。

そして強靭な響きでタイトにぐいぐいと盛り上げたフィンランディア、各パートの纏まりが良くリズム感を持って見事に進めた魔法使いの弟子、ここでもタイトな響きのホルン、コントラファゴットの響き、終わりにはヴィオラのソロなど色々な楽器の活躍があって第1部を存分に楽しませていただきました。

20分間の休憩、指揮者の原田さんは今度は黒の燕尾服に着替えての登場です。 第2部は「ニューイヤーコンサート」と題してウィンナ・ワルツ、舞踏会の指揮者然としての登場ですね。

第2部、ここでも御馴染みの曲をきっちりと演奏されてゆくわけですが、第1部で感じたのと同じく、判りやすさを前面に出しつつも各楽器やパートにスポットライトを当てながら音楽を進めてゆきました。 しかもこれが見事に手中に入っている感じ。 もちろんウィットにも富んでいて、常動曲の最後、指揮をしながら道路標識の「とまれ」の逆三角形のマークを描いた紙を客席にゆっくりと持ち上げて示し、客席ににやりと笑いかけてのストップ。 見事でした。 くすっと笑わせてもらいました。 これらも含め、原田さんのスコアの読みの深さあってのことと類推した次第です。

オーケストラの皆さん、曲が終るたびに狭いステージの中でシフトを素早く替えて、次々と演奏を展開されてゆきます。 そしてどの曲もしっかりとした演奏で応えていたのが印象的。 原田さんの意図が見事に音になって出てきて、とても安心して聴いていられましたし、このフレーズはこの楽器が演奏しているんやな、などなど色々な発見を楽しみながら聴かせてもらいました。 時に早いフレーズになって弦楽器が揃っていない点もあったように思いましたけれど、それとて一所懸命。 おざなりな演奏だと感じたところは一箇所もありませんでした。 それでいて堅苦しさなど感じさせない上質な演奏です。

最後のアンコール曲、ラデツキーマーチは客席と一緒になって手拍子で盛り上がるのが常ですけれども、これとて原田さんはにこやかな笑みを浮かべながらも客席にしっかりとした指揮を繰り返して進めます。 最後なので過度に盛り上げるように客席やブラスを煽って盛大に・・・そんなこと無くしっかりとした音楽をしっかりと楽しむ、そんな感じ。 指揮者ともどもケレン味のない演奏会を客席もしっかりと楽しませて頂きました。 清々しい気分。 良い演奏会で2015年を始めることが出来ました。 皆さん有難うございました。


posted by fronte360 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月の関西アマオケコンサート情報

2月に、京阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います(が、なかなか意気込みに反して動けないのが実情ですが)。

とにかく、出発!!


2/1:北摂フィルハーモニー管弦楽団 第6回定期演奏会
2/1:伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団 名曲コンサートvol.24
2/8:弦楽合奏団T-Strings 第8回定期演奏会
2/8:神戸市民交響楽団 第72回定期演奏会
2/8:芦屋フィルハーモニー管弦楽団 第5回定期演奏会
2/15:オーケストラソノリテ 第28回定期演奏会
2/15:紫苑交響楽団 第25回定期演奏会
2/15:関西シティフィルハーモニー交響楽団 第58回定期演奏会
2/17:関西学院交響楽団 第124回定期演奏会
2/20:阪神学生オーケストラ スペシャルコンサート
2/22:かぶとやま交響楽団 第50回記念定期演奏会
2/22:ニューフィルハーモニック大阪 第18回定期演奏会
2/22:堺フィルハーモニー交響楽団 スプリングコンサート
2/22:アンサンブル弦の風 第3回ストリングスコンサート


posted by fronte360 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

播州赤穂へ行ってきました

青春18きっぷの余りを使ってどこに行こうか・・・
そうそう、自分のホームページにも記載しているアマオケ演奏会情報より
山陽本線の竜野で演奏会があるので、ターゲットをここに絞りました。

竜野散策を調べてみると、市街地へは姫新線の本竜野であるらしく、
JR竜野駅周辺は神戸神社以外は目立ったものが無いようなので
足を播州赤穂まで延ばしてみたわけです。

P1109449
P1109449 posted by (C)fronte360

駅前の大石内蔵助さん

P1109453
P1109453 posted by (C)fronte360

息継ぎ井戸
江戸での浅野内匠頭による刃傷事件の第一報を知らせるため、
赤穂藩士、早水藤左衛門、萱野三平が早かごで赤穂城下に着いたとき、
この井戸の水を飲んで一息ついたといわれてます。

P1109461
P1109461 posted by (C)fronte360

花岳寺
赤穂藩祖浅野長直公によって建立された菩提寺。
赤穂城の塩屋惣門を移築した山門は赤穂市指定文化財ですね。
四十七士の墓・宝物館・義士木像堂などもあるようですが、境内で失礼。

P1109469
P1109469 posted by (C)fronte360

花岳寺の境内あった二代目大石ゆかりの松

P1109484
P1109484 posted by (C)fronte360

赤穂城跡

P1109491
P1109491 posted by (C)fronte360

城址に入ったら近藤源八宅跡長屋門、無料公開

P1109521
P1109521 posted by (C)fronte360

そして大石神社

約1時間、駆け足で回ってきました。
本当はゆっくり3時間くらいの行程を考えてましたけど、家を出るのが遅く・・・
いやはや、でした。

posted by fronte360 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

名城

150110_2050~0001.jpg赤穂から慌てて竜野に引き返し、

西播磨交響楽団の演奏会にお邪魔して
帰ってきました。

竜野のスーパーでみつけた姫路の名城酒造。
紙パックのお酒です。

魅力的な他のお酒も色々ありましたが、
一般的に飲まれているお酒で腕試し。

辛口と書いてますが、しっかりと米の旨味があって良いですね。 当たり♪

posted by fronte360 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大願成就

150110_1214~0001.jpg150110_1215~0001.jpg播州赤穂まで来て
大石神社

討ち入りに因んで
大願成就

なるほど!

これから急いで
引き返します。
posted by fronte360 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンプ、エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ

ようやく3連休・・・
実は体調イマイチ、珍しく風邪気味で、木曜あたりは咳き込むこともあって、
会社の同僚より無理せず金曜は休んで、との優しい言葉も頂きました。

結局、金曜朝はちょっと辛く、幾度も休もうかと逡巡しましたけれど
結局出勤して淡々と業務をこなしていたら治ってしまったようです。
もう咳も出ませんしね。

とにかくこれで3連休を健やかに過ごせます。

さて今日一日の景気付けの音楽

P1109440
P1109440 posted by (C)fronte360

ベートーヴェン/エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調 op.35
  ウィルヘルム・ケンプ(p)

11月に高知で108円で捕獲してきたレコード。
ケンプのベートーヴェンって質素ながら味わい深くて好きなので、迷わず購入。

表題のとおり、交響曲第3番「英雄」第4楽章の主題に基づいていますが、
実はこちらの方が作曲は早く、この主題そのものは舞踏音楽「プロメトイス」
その終曲から採られているそうです。

とにかく耳なじみの主題がベートーヴェンらしく質実に変奏されてゆき、
それを軽やかにケンプの暖かで気品あるピアニズムが彩っています。

さあて今日はちょっと足を伸ばしてみますか、18きっぷ最後に日だし・・
では


posted by fronte360 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

年末年始の高知旅_阿波池田(その2)

今日を乗り切れば、1週間が終って、3連休。

インフル罹患の同僚も復帰したが、今度はこっちが風邪気味? インフル?
連日、アルコール消毒を内部からやってはいるのだがな・・・
とにかく、行ってきます。

 ●

高知へは今回も「青春18きっぷ」を使って10時間以上かけての移動。
正直疲れますが、バスや新幹線・特急を使っての移動よりも楽しみが多くて
仕事10時間よりはるかに楽しい。

阿波池田駅を出て右手側に公園があるのに気づいてましたけど、
今回そこに初めて行ってみました。

PC279245
PC279245 posted by (C)fronte360

イルミネーションされたステージもありますね。
各地とも寒い冬を逆手にとって観光誘致に活用しようとしているようです。

PC279246
PC279246 posted by (C)fronte360

この先には、こんな石の置物がありましたよ。

PC279250
PC279250 posted by (C)fronte360

よく見るとカエルが野球してますよ。
池田高校球児でしょうね。

PC279251
PC279251 posted by (C)fronte360

PC279252
PC279252 posted by (C)fronte360

PC279253
PC279253 posted by (C)fronte360

面白いですね。


posted by fronte360 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

年末年始の高知旅_阿波池田

9連休明けの出勤は辛い・・・確かにそうですが・・・
単身赴任していた最後2年間は、新年の出勤初日より締め作業で、ほぼ徹夜。
それを思うと、今の自分はなんと楽なのだ、と思いつつ連日の定時退社です。
長居は無用ということです。

 ●

高知へは今回も「青春18きっぷ」を使って10時間以上かけての移動。
正直疲れますが、バスや新幹線・特急を使っての移動よりも楽しみが多くて
仕事10時間よりはるかに楽しい。

阿波池田、ここから高知までが正念場。 3時間半ほどかけての移動です。
乗継ぎ時間は、英気を養うべく駅の外のトイレで用を足して、そして散策。

PC279241
PC279241 posted by (C)fronte360

駅前商店街の代わり映えせず、シャッター商店街
この広いアーケードのある商店街の道路には路線バスも走ってきたりします。

PC279243
PC279243 posted by (C)fronte360

唯一気を吐いているのが、この駅前のカラオケ屋さんかな?

PC279242
PC279242 posted by (C)fronte360

ポスターの「二人のかずら橋 向井君代」がまだ貼られていますよ。
youtubeの動画を貼っておきますので、お楽しみください。



阿波池田駅周辺散策、明日も続きます(予定)。

PC279244
PC279244 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

年末年始の高知旅_坪尻スイッチバック

出勤2日目、昨日は体調悪くマスクをして出勤してくれた同僚・・・
なんとインフルエンザだったとかで、2日間お休みするとの連絡あり。
正月から寝込んでいたけれど、年頭業務のために無理しての出勤、有り難し。

少数精鋭とは聞えが良いけれど・・・個々の負担は推して知るべし。
でも2日間なら持ちこたえられるし、インフルで休み、と言いさえすれば、
それ以上言われることもない。 でもこれは良い会社だからかも。
とにかく日常はいろいろな出来事があって大変だ。

 ●

高知へは今回も「青春18きっぷ」を使って10時間以上かけての移動。
正直疲れますが、バスや新幹線・特急を使っての移動よりも楽しみが多くて
仕事10時間よりはるかに楽しい。

いつもながら、珍しくも感じなくなりましたけど、坪尻駅のスイッチバック。
ブレてますけど、駅を横目で見ながら行きすぎます。

PC279230
PC279230 posted by (C)fronte360

いったん引込み線に入って停車します。

PC279231
PC279231 posted by (C)fronte360

ここで列車の進行方向を変えるべく、運転士が後ろの運転台に移動します。

PC279232
PC279232 posted by (C)fronte360

ホームに滑り込みました。

PC279233
PC279233 posted by (C)fronte360

降りて記念撮影です。

PC279235
PC279235 posted by (C)fronte360

むこうでも撮影しているおじさんも居ますね。 これもよく観る光景。
こっちも同じですけれど・・・

PC279236
PC279236 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

高知での収穫物・未来少年コナン

今回の高知旅も中古音盤捕獲のため、美術館近くの葛島まで行きました。
音盤はあいにく出物がありませんでしたが、レーザーディスクで以下を捕獲。

P1059436
P1059436 posted by (C)fronte360

NHKが始めて放映したアニメ作品「未来少年コナン」第1〜7巻(全巻)
これが1枚108円、バラで出ていたのを全て救出して、連れて帰りました。

実は8月お盆休みのときに発見していましたが、LD7巻は重いので見送り・・・
11月の竹林寺の文殊菩薩さまにお参りしたときにも売れ残っていたのを確認し、
今回ようやく入手した次第です。

三度目のナントカ・・・ですね。
でもこれは、お導き、とも言えるかもしれません。 大切に見よっと。



posted by fronte360 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-CD/LP/DVD音盤捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする