2014年11月02日

東大阪市立郷土博物館20141025_瓢箪山稲荷へ

10月25日(土)、前週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行った帰り道、
市杵嶋姫神社にも立ち寄って、瓢箪山まで下山します。

下山途中で見つけた祠、愛宕地蔵尊と書かれていました。

PA258650
PA258650 posted by (C)fronte360

更に下りてゆくと、郷土博物館へ行った道にぶちあたりました。
柿の実の写真を撮った所、ここから坂を登れば市杵嶋姫神社なのですね。

そこからまた郷土博物館に折れる道までけっこう歩いて戻り、
今度は瓢箪山を目指して坂を下ってゆくと、瓢箪山稲荷の裏山。

PA258652
PA258652 posted by (C)fronte360

山畑古墳群の中で一番標高の低い位置にある古墳・双円墳で約50mあります。
この双円墳が瓢箪の形をしていることより「瓢箪山」、地名の由来です。

PA258653
PA258653 posted by (C)fronte360

琴平稲荷大明神とかいろいろな神様がここに祀られています。
前回は辻占をする東参道より入りましたが、南側参道より入ります。

PA258654
PA258654 posted by (C)fronte360

社殿、今回は舞台の上より撮影しました。

PA258658
PA258658 posted by (C)fronte360

その舞台ですが、床には瓢箪マークがあしらわれているのですね。
なかなか面白いんじゃないでしょうか。

PA258659
PA258659 posted by (C)fronte360

社殿の奥に立つ石柱の上に、飛狐

PA258660
PA258660 posted by (C)fronte360

神様のお使いの神狐、御神意を奉じて飛ぶ姿を表しているそうです。

PA258661
PA258661 posted by (C)fronte360

かつてこの北側の墳丘は「大塚」と呼ばれていたそうで(北側は「鬼塚」)
この石室で狐を飼っていたそうです。

PA258656
PA258656 posted by (C)fronte360

キツネさんワールドを堪能しました。


posted by fronte360 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする