2014年10月17日

石切神社20140928_石切さん・起源

9月28日(日)、この日も気持ちよく晴れたので、石切さんに行ってきました。

石切さんの境内、お百度を踏む方が多くいらっしゃるので、
当方のようなテキトーな人間が足を踏み入れるのが憚られるような感じ。
絵馬殿を見上げました。

P9288396
P9288396 posted by (C)fronte360

石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)
その名のとおり、矢組みより剣が天を指してます。 いい天気ですねぇ。
なお、この神社の御祭神は、饒速日尊(にぎはやひのみこと)と
その子どもあたる可美真手命(うましまでのみこと)です。

P9288395
P9288395 posted by (C)fronte360

皇紀2年に生駒山中の宮山に可美真手命饒速日尊を奉祀されたのを起源とし、
のち、崇神天皇によって現本社に可美真手命が奉祀されたと伝わっています。
そして明治38年、現在の本社本殿に饒速日尊も合祀されました。

P9288400
P9288400 posted by (C)fronte360

P9288398
P9288398 posted by (C)fronte360

絵馬殿のこの方々はどなたなのか、よく知りませんが・・・
ご祭神なのかもしれませんね。

P9288401
P9288401 posted by (C)fronte360

P9288399
P9288399 posted by (C)fronte360

なお調べてみると饒速日尊は、神武天皇の東征に先立って河内に天降り、
その後に大和に移ったとされているそうですね。
ニニギが高千穂に天孫降臨したのとは別に河内にも天孫降臨があって、
神武東征より以前に王権を持っていたのかもしれません。

P9288394
P9288394 posted by (C)fronte360

興味深い神社です。

posted by fronte360 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする