2014年10月13日

アルバン・ベルク四重奏団 、 モーツァルト/弦楽四重奏曲「狩」

台風は高知市を抜けて大阪に直撃するルートですね。
勢力は975hPa(言い難く今だにmbと言ってしまいますが)と衰えたものの、
我が家は雨戸を閉め切って籠城状態としています。

今年は弦楽四重奏の年・・・そんな予感でスタート。
モーツァルトやハイドンなどの弦楽四重奏曲全集も欲しいなぁと思いつつも、
最近は音盤所有欲も湧かなくて(先立つものが無いこともあるけれど)、
手持ちの音源を繰り返して聴いています。

アルバン・ベルク四重奏団の密度の高い現代的なモーツァルト
これで決まりですね。

PA138495
PA138495 posted by (C)fronte360

モーツァルト/弦楽四重奏曲第16番 K.428/421b、第17番 K458「狩」
  ウィーン・アルバン・ベルク四重奏団
    ギュンター・ピヒラー(vn)
    ゲルハルト・シュルツ(vn)
    ハット・バイエルレ(va)
    ヴァレンティン・エルベン(vc)
     (1978年6月24〜29日:ウィーン・テルデック・スタジオ録音)

こんな日ですが、モーツァルトの弦楽四重奏曲を聴くと気分が晴れます。
アルバン・ベルク四重奏団、ギュンター・ピヒラーの明るく艶のある音色、
明晰でキリっと引き締まっていながらも軽妙洒脱さを兼ね備えた演奏。

そしてこのところカートリッジを SHURE M75B Type 2 に換装。
国産の優等生ではないけれど、セッションを音楽的に奏でてくれてます。

PA138497
PA138497 posted by (C)fronte360

SHURE M75B Type 2

 周波数範囲:20Hz〜20kHz
 出力電圧:5.0mV(1kHz、5cm/s)
 チャンネルセパレーション:25dB以上(1kHz)
 チャンネルバランス:2dB以内
 適正負荷:47kΩ(70kHz以下、400pF〜500pF)
 インダクタンス:720mH
 直流抵抗:630Ω
 針先:1.5g〜3.0g
 自重:6g

シェルに書かれたトリオのマークも今となっては貴重ですよ。

posted by fronte360 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペーター=ルーカス・グラーフ、J.S.バッハ/音楽の捧げもの

結局、演奏会は開催されたようです。
そろそろ演奏会が終った時刻でしょう、ごめんなさい・・・
このところ仕事もバタバタしているし、明日からの出社も気になって、
あまり無理したくなく、演奏会の帰りの足も気にして行きませんでした。

そして家事も済ませたのでステレオ・メインシステムの前ですが、
しかし何故か心がざわついて落ち着いて音楽を聴く気になれない気分です。
こんな時は小編成によるバロック音楽ならと・・・

PA138494
PA138494 posted by (C)fronte360

J.S.バッハ/音楽の捧げもの BWV 1079
  ペーター=ルーカス・グラーフ(fl)
  ハンスハインツ・シュネーベルガー(vn)
  イルゼ・マテュー(vn)
  ヴァルター・カーギ(va)
  ロルフ・ローサー(vc)
  イェルク・エヴァルト・デーラー(hpsi)
  クリスティアーネ・ダクセルホーファー(hpsi)
  エルンスト・ゲルバー(hpsi)

ルーカスと気心の知れた仲間たちによる室内楽編成による「音楽の捧げもの」
真摯で深いバッハの世界が展開されています。

「6声のリチュルカーレ」は6段の譜面で書かれているそうですが、
2手でも演奏可能なのを3台のチェンバロで演奏されていたりします。
「トリオ・ソナタ」もテンポを落としてとても耽美的な演奏になってます。

何よりジャケット写真が素適ですね。
セッションの様子を上から撮影したモノクロ写真もまた印象的です。
(録音:1968年12月、スイス・アーラウ市教会)

寄る年波のせいか、最近は大規模オケ曲よりも室内楽・・・
ジジィになってしまいました。


posted by fronte360 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご近所散歩20141013

大型の台風が迫ってきていますね。
明け方には雨が降っていたものの、朝9時過ぎには晴れ間も見えたので、
急ぎご近所散歩に行ってきました。

PA138474
PA138474 posted by (C)fronte360

ご近所団地の入口、左側には石垣より生えているど根性サクラ、
右側の垂れ下がっているのは柿の木なんですね。

PA138475
PA138475 posted by (C)fronte360

いっぱい成っていますが、もうちょっとかしらね・・・

PA138476
PA138476 posted by (C)fronte360

そしていつもの秋篠川源流

PA138477
PA138477 posted by (C)fronte360

サクラも黄葉して葉が散り始めていますね。

PA138478
PA138478 posted by (C)fronte360

PA138479
PA138479 posted by (C)fronte360

時折り強い風が吹いて、雲が流されてゆくのですけれど、
雲間より太陽の光も漏れてきて、ちょっと落ち着きない感じ・・・

PA138480
PA138480 posted by (C)fronte360

当方も雨が降らないか・・・と少々焦って歩いているからかもしれません。

PA138481
PA138481 posted by (C)fronte360

こちらの柿もたわわに実ってますね。
これは庭木ではなく育てているのでしょうけれど・・・

PA138483
PA138483 posted by (C)fronte360

すっかり稲刈りも終って秋の風情、ちょっと寂しいですね。

PA138484
PA138484 posted by (C)fronte360

PA138485
PA138485 posted by (C)fronte360

 ●

さあて・・・
今日の昼からはご招待を受けている演奏会ですが、どうしたものか・・・
行くことは出来るけれど、帰れなくなるのが心配・・・ 思案中・・・



posted by fronte360 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする