最近の記事

2014年06月25日

アントン・ナヌート、マーラー/交響曲「大地の歌」

週半ば、疲れも溜まってきますが、今月は祝日もなくフル出勤の月・・・
それは嫌なので、明日1日だけですが有給休暇を取得しました。
それを楽しみになんとか1日乗り切って戻ってきました。

今宵もウィスキーをロックで、CDプレーヤ(Sony CDP-203)の動作確認。
廉価盤・正体不明CDの帝王として君臨していたアントン・ナヌート師匠、
その西ドイツのZYXレベールの輸入盤。 これも見事にかかりました。

P6257366
P6257366 posted by (C)fronte360

マーラー/交響曲「大地の歌」
  ツェーガー・ファンデルステーネ Zeger Vandrsteene (T)
  グレニーズ・リノス Glenys Linos (Ms)
    アントン・ナヌート指揮 リュブリャナ放送交響楽団

通勤時、愛用のメモリプレーヤでアントン・ナヌート師匠を連続聴取中です。
これまで聴いてきたのは以下のとおり

 アンディンセル/ワルソー・コンチェルト
 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1・3・5番(トムシック師匠)
 ベートーヴェン/交響曲第1・3・5・6・7番
 ベートーヴェン/序曲集(フィデリオ、レオノーレ第3番、シュテファン王)
 ベルリオーズ/幻想交響曲
 ビゼー/交響曲第1番
 ボロディン/交響曲第2番
 ブラームス/ピアノ協奏曲第1・2番(トムシック師匠)
 ドヴォルザーク/交響曲第9番、チェロ協奏曲
 ファリャ/恋は魔術師(抜粋)
 グリーグ/ピアノ協曲
 シューベルト/交響曲第8番「未完成」
 ハイドン/交響曲第44・45番
 マーラー/交響曲第1・5・6番、大地の歌
 メンデルスゾーン/交響曲第4番「イタリア」
 モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」(トムシック師匠)
 ラヴェル/ボレロ

と今朝はここまでで、これから以下が続きます。 これで自家版全集。

 ラヴェル/ピアノ協奏曲
 リムスキー・コルサコフ/交響組曲「シェヘラザード」
 ショスタコーヴィッチ/交響曲第7番
 シベリウス/交響曲第2番
 チャイコフスキー/交響曲第4・5・6番

膨大なレパートリーですが、いずれもきちんと纏めた手腕は見事ですが、
この中でも、さすが、と思えたのはベートーヴェンとブラームスの協奏曲、
そしてマーラーの交響曲です。

前置きが長くなりました、「大地の歌」は実はあまり印象無かったのですが、
テノール君のドラマティックな歌唱のまず驚いたのと、オケも熱いんです。
メゾさんはフォルテになると情感出るんだけれど、ちょいと物足りない感じ、
でも調子上げて、キモともいえる第6楽章「告別」が気合十分で、
オーケストラの盛上がりも素晴しくて驚きました。

こんなにドラマティックであったのか・・・
驚いて自宅CD機器での再生となったしだいですが、また期待裏切らず、
お酒を頂きながらですけれど、一人盛り上がっております。

 第1楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌」
 第2楽章「秋に寂しき者」
 第3楽章「青春について」
 第4楽章「美について」
 第5楽章「春に酔える者」
 第6楽章「告別」

posted by fronte360 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東花園散歩2014年6月14日、スクラムロード

6月14日(土)、ふっと思い立って、東花園駅に降り立ちました。
奈良方面への改札前、野菜の直売所を出てラグビー場へ向かいましょう。

P6147280
P6147280 posted by (C)fronte360

このラグビー場へ向かう道は「スクラムロード花園」と呼ばれています。
2019年、ラグビー・ワールドカップが日本で開催されるんですよね。
花園ラグビー場でも開催して欲しいな。

P6147281
P6147281 posted by (C)fronte360

マンホールもラグビーですし。
街路樹のところにはトライくんも居てはりますし。

P6147282
P6147282 posted by (C)fronte360

むこうに広場が見えてきました。 ラグビー場の入口ですね。

P6147284
P6147284 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする