最近の記事

2014年06月04日

マルシャレク、レハール/喜歌劇「メリー・ウィドウ」

今宵も酔っ払って急きょメンテしたCDプレーヤ(Sony CDP-203)
その動作確認も含めて、懐かしい PILZ音源をかけています。

これはPILZがまじめな稼業をやっていたACANTAレーベルの輸入CD。
喜歌劇の抜粋盤は3枚持ってますけど、今宵はコレ「メリー・ウィドウ」!
原題「Die lustige Witwe」を訳すと「陽気な未亡人」!!

P6047250
P6047250 posted by (C)fronte360

フランツ・レハール/喜歌劇「メリー・ウィドウ」
 ハンナ・グラヴァリ:インゲボルグ・ハルシュタイン(S)
 ダニロ・ダニロヴィッチ:ペーター・アレクサンダー(T)
 カミーユ・ド・ロジヨン:ハインツ・ホッペ(T)
 ミルコ・ツェータ:ベンノ・クッシェ(Br)
 ヴァランシエンヌ:ルチア・ポップ(S)
  ギュンター・カルマン合唱団
  フランツ・マルシャレク指揮 グローセス・オペレッタ管弦楽団

「メリー・ウィドウ」は何度か観たことがあって舞台も何となく想像でき、
楽しめるのですが、このCDの演奏自体もなかなかの優れものと思います。
グローセス・オペレッタ管弦楽団は、GROSSES OPERETTEN-ORCHESTER の直訳、
確証ありませんが、ウィーンオペレッタ劇場 = ウィーンフォルクスオーパー
のオケと想定します。

とにかく各歌手が巧く芸達者、聴かせ上手ですね。
(P)1968となっているので、ルチア・ポップなどまだ30歳になる手前かしら、
主役のインゲボルグ・ハルシュタインも32歳かしら「ヴィリアの歌」も清澄、
しかも情感たっぷりに聴かせますね。 これは良いアルバムです。

posted by fronte360 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知散歩2014年5月・五台山竹林寺・仁王門

今年の5月GWは、事務所移転事務局で忙殺されて行けなかった高知。
事務所もなんとか落ち着いてきたので、お休みを頂いて高知へ。

5月24日、竹林寺・50年に一度のご開帳の文殊菩薩さまへお参りして、
次は庭園に向かいます。

P5247043
P5247043 posted by (C)fronte360

石段を降りると、アート
お隣の牧野植物園でこの時期に企画されている「五台山花絵巻」の一環。

P5247044
P5247044 posted by (C)fronte360

今年で5年目らしいですが、始めて見た4年前だったかな、3年前とかも、
けっこう華やかであったんですけど、年々縮小されているみたいで残念。
それたさておき、振り返ると石仏・・・

P5247045
P5247045 posted by (C)fronte360

五台山ミニ八十八ヶ所(第31番)
五台山中に八十八ヶ所のご本尊を摸刻した石仏があって、ミニ八十八ヶ所。
ここから更に進むと仁王門。 ここよりいったん外に出て写真撮影。

P5247052
P5247052 posted by (C)fronte360

My遊バスで五台山竹林寺で下車すると、こちら側より文殊堂に向かいます。
つまり逆方向でお参りしていたというわけで、こちらより仁王門へ。
そして仁王さま

P5247050
P5247050 posted by (C)fronte360

P5247051
P5247051 posted by (C)fronte360

そして門をくぐらず、手前で右側に折れて進みます。
すると宝物館、これはあとでまた観ましょう。

P5247053
P5247053 posted by (C)fronte360

真っ直ぐ進んで、庭園へと向かいました。

P5247054
P5247054 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする