最近の記事

2014年06月25日

アントン・ナヌート、マーラー/交響曲「大地の歌」

週半ば、疲れも溜まってきますが、今月は祝日もなくフル出勤の月・・・
それは嫌なので、明日1日だけですが有給休暇を取得しました。
それを楽しみになんとか1日乗り切って戻ってきました。

今宵もウィスキーをロックで、CDプレーヤ(Sony CDP-203)の動作確認。
廉価盤・正体不明CDの帝王として君臨していたアントン・ナヌート師匠、
その西ドイツのZYXレベールの輸入盤。 これも見事にかかりました。

P6257366
P6257366 posted by (C)fronte360

マーラー/交響曲「大地の歌」
  ツェーガー・ファンデルステーネ Zeger Vandrsteene (T)
  グレニーズ・リノス Glenys Linos (Ms)
    アントン・ナヌート指揮 リュブリャナ放送交響楽団

通勤時、愛用のメモリプレーヤでアントン・ナヌート師匠を連続聴取中です。
これまで聴いてきたのは以下のとおり

 アンディンセル/ワルソー・コンチェルト
 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1・3・5番(トムシック師匠)
 ベートーヴェン/交響曲第1・3・5・6・7番
 ベートーヴェン/序曲集(フィデリオ、レオノーレ第3番、シュテファン王)
 ベルリオーズ/幻想交響曲
 ビゼー/交響曲第1番
 ボロディン/交響曲第2番
 ブラームス/ピアノ協奏曲第1・2番(トムシック師匠)
 ドヴォルザーク/交響曲第9番、チェロ協奏曲
 ファリャ/恋は魔術師(抜粋)
 グリーグ/ピアノ協曲
 シューベルト/交響曲第8番「未完成」
 ハイドン/交響曲第44・45番
 マーラー/交響曲第1・5・6番、大地の歌
 メンデルスゾーン/交響曲第4番「イタリア」
 モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」(トムシック師匠)
 ラヴェル/ボレロ

と今朝はここまでで、これから以下が続きます。 これで自家版全集。

 ラヴェル/ピアノ協奏曲
 リムスキー・コルサコフ/交響組曲「シェヘラザード」
 ショスタコーヴィッチ/交響曲第7番
 シベリウス/交響曲第2番
 チャイコフスキー/交響曲第4・5・6番

膨大なレパートリーですが、いずれもきちんと纏めた手腕は見事ですが、
この中でも、さすが、と思えたのはベートーヴェンとブラームスの協奏曲、
そしてマーラーの交響曲です。

前置きが長くなりました、「大地の歌」は実はあまり印象無かったのですが、
テノール君のドラマティックな歌唱のまず驚いたのと、オケも熱いんです。
メゾさんはフォルテになると情感出るんだけれど、ちょいと物足りない感じ、
でも調子上げて、キモともいえる第6楽章「告別」が気合十分で、
オーケストラの盛上がりも素晴しくて驚きました。

こんなにドラマティックであったのか・・・
驚いて自宅CD機器での再生となったしだいですが、また期待裏切らず、
お酒を頂きながらですけれど、一人盛り上がっております。

 第1楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌」
 第2楽章「秋に寂しき者」
 第3楽章「青春について」
 第4楽章「美について」
 第5楽章「春に酔える者」
 第6楽章「告別」

posted by fronte360 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東花園散歩2014年6月14日、スクラムロード

6月14日(土)、ふっと思い立って、東花園駅に降り立ちました。
奈良方面への改札前、野菜の直売所を出てラグビー場へ向かいましょう。

P6147280
P6147280 posted by (C)fronte360

このラグビー場へ向かう道は「スクラムロード花園」と呼ばれています。
2019年、ラグビー・ワールドカップが日本で開催されるんですよね。
花園ラグビー場でも開催して欲しいな。

P6147281
P6147281 posted by (C)fronte360

マンホールもラグビーですし。
街路樹のところにはトライくんも居てはりますし。

P6147282
P6147282 posted by (C)fronte360

むこうに広場が見えてきました。 ラグビー場の入口ですね。

P6147284
P6147284 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

萩乃露・辛口吟醸

140624_1935~0001.jpg滋賀県高島市の福井弥平商店のお酒を頂きました。

すがすがしい碧のボトル

冷蔵庫で冷やして頂きませう♪

酒まみれ〜
posted by fronte360 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東花園散歩2014年6月14日、東花園駅前

6月14日(土)、ふっと思い立って、東花園駅に降り立ちました。
奈良方面への改札前に立ちますと・・・ トライくん
ゆるキャラブームの前よりシンボルになっているんじゃないかな。

P6147275
P6147275 posted by (C)fronte360

調べたら、平成3年に東大阪市が「ラグビーのまち」を表明したことより
翌平成4年1月に市民公募で生まれたのだそうです。
「力強さ・たくましさ」「連帯性・団結力」「友情・すがすがしさ」
ラグビーというスポーツが持つそんなイメージが感じられますね。

ところでトライ君の右後ろ・・・ 野菜の直売場のようです。
さっそく行ってみることにしました。 好きなんですよね、野菜の直売場。

P6147276
P6147276 posted by (C)fronte360

JAグリーン大阪による直売場のようです。
おお、地元東大阪のものだけでなく、大阪近隣の野菜も扱っているようで、
泉州産の無農薬のタマネギをゲットしましたぜ(大2個で150円也)。

P6147278
P6147278 posted by (C)fronte360

トマトは沢山あったけど、これから歩くので潰れてはいけないのでパス・・・
中に入ると、地元大阪のお米(きぬひかり)もあったし、全国の野菜もあって、
なかなか面白かったな。 鳥取産のブロッコリーが100円だったのでゲット。

P6147277
P6147277 posted by (C)fronte360

また機会を見つけてやってくることにしましょう。

posted by fronte360 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

アート・ペッパー / The Art of Pepper

ブルーマンデー満載の一日を終えてとっとと帰宅しました。
事務所移転のドタバタがなんとなく終息してきたので移転ロスかもしれません。

今宵はウィスキーをロックで、CDプレーヤ(Sony CDP-203)の動作確認。
これも合法海賊盤ではなく、ブルーノートの正規輸入盤ですが、
1曲目から音飛びして始まって、眉をしかめました・・・

でも、よ〜く盤面を見ると汚れていたので(カビかもね)
軟らかな布で汚れを拭って(中心より放射状に拭くがLPと違うところ)
ちゃんと再生できるようになりました。 やった!! 嬉しい!!

P6237365
P6237365 posted by (C)fronte360

ART PEPPER / The Art of Pepper
                The Complete Aladin Recordings Vol.3

1. Holiday Flight
2. Too Close For Comfort
3. Long Ago And Far Away
4. Begine The Beguine
5. I Can't Believe That Your In Love With Me
6. Webb City
7. Summertime
8. Fascinating Rhythm
9. Body And Soul
10. Without A Song
11. The Breeze And I
12. Surf Ride

  アート・ペッパー(as)
  カール・パーキンス(p)
  ベン・タッカー(b)
  チャック・フローレス(ds)

ジャズの世界にいざなってくれたアート・ペッパーの「オメガ・セッションズ」
当時はテイチクの廉価盤LPで聴いてましたけど、同じ録音ですね。
ブルーノートでは「アラジン・レコーディングス」となってます。
オープンリールのテープで発売されたというヤツですな。

それはともかく、演奏は文句なく楽しめる御馴染みのもの。
カール・パーキンスの躍動感のあるピアノもまた聴きものですね。
左手にハンディがあって時には肘で弾いていたとも聴きますがゴキゲンです。

肩の力を抜いて軽々と吹くアドリブが本当に心地よいアルバムです。
同じ頃に録音された「ミート・ザ・リズムセクション」は名作アルバムですが、
本作は個々の演奏が独立してそれぞれに魅力を放ってます。

posted by fronte360 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東花園散歩2014年6月14日、東花園駅

6月14日(土)、ふっと思い立って、東花園駅に降り立ちました。
この駅、通勤時には快速急行に追い越されたあと準急の接続待ちとなり、
休日の買物では、この駅で降りて接続する普通電車に乗り換えます。

P6147265
P6147265 posted by (C)fronte360

この日も本来なら右側の普通電車に乗り換えるところですけれど・・・
途中下車としたのでした。 左側(北側)の出口へと向かいました。

P6147268
P6147268 posted by (C)fronte360

高架下をくぐった向こう側に改札があります。
ナンバ方面もしばらくすると高架になってしまうのでこの光景もあと少し。

P6147269
P6147269 posted by (C)fronte360

写真を撮りながらうろうろしていたら、快速急行がやってきましたぜ。

P6147270
P6147270 posted by (C)fronte360

北出口はこんな感じ。
ちょっと戻った向こうに奈良方面の改札とホームがあるので行きましょう。

P6147271
P6147271 posted by (C)fronte360

ちょっと大回りしてしまいましたが、けっこう歩いて着きました。
さすが「近鉄花園ラグビー場前」、ゴールポストにラグビーボールが飛んでいる!!

P6147272
P6147272 posted by (C)fronte360

そして駅には巨大なラグビーボールのレリーフも!!

P6147274
P6147274 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

一ノ蔵無監査

140622_1846~0001.jpg宮城県大崎市松山の一ノ蔵の無監査

単身赴任時代、銀座の裏手にあったあるお店で飲み尽くしたことが思い出されます。

無監査とはかつての級別審査にかけないお酒ですね。

昨日の菊水一番しぼりは原酒、重いお酒なので、軽めのお酒も欲しくなり、例の3割引きで求めてきました。

ほとんどアル○ですよ。
posted by fronte360 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス・ブリュッヘン、涙のパヴァーヌ〜ブロックフレーテの魅力

朝からしとしと降る雨に、ごろごろとしている休日であります。
昼過ぎには陽射しも少しありましたが、また曇ってきたので雨でしょうか。

関西は雨になっても気温が下がらず蒸し暑いのが梅雨の特徴ですが、
今日の奈良は、20℃程度と少しひんやりとしていますね。

こんな日にはちょっと物憂げなレコードをと以下を取り出しました。

P6227364
P6227364 posted by (C)fronte360

Sise A
 コレルリ/アルト・ブロックフレーテと通奏低音ための
           「ラ・フォリア」による変奏曲 作品5-12 
 ヴァン・エイク/パタリ
 カー/イタリア風グラウンドによるディヴィジョン
      〜アルト・ブロックフレーテと通奏低音のための「愉快な仲間」より 
 ヴァン・エイク/涙のパヴァーヌ
    (ジョン・ダウランドの「涙のパヴァーヌ」による4つのフィギュレーション) 

Side B
 クープラン/恋のうぐいす〜クラウザン曲第3巻 組曲第14番より
 レイエ/ブロックフレーテと通奏低音のための奏鳴曲ハ短調
 ヴィヴァルディ/アルト・ブロックフレーテと通奏低音のための
             奏鳴曲 ト短調、作品13-6 〜「忠実な羊飼い」第6番より 
 テレマン/幻想曲イ短調
         〜無伴奏フルートまたはヴァイオリンのための「12の幻想曲」より 

  フランス・ブリュッヘン(bfl)
  アンナー・ビルスマ(バロックvc)
  グスタフ・レオンハルト(chmb)
  ニコラウス・ハルノンクール(バスgamb)

テレフンケンのダス・アルテ・ヴェルク(DAS ALTE WERK)シリーズ
オリジナル楽器によるフランス・ブリュッヘンによるブロックフレーテ作品集。

1972年発売の国内盤、ダブル・ジャケット。
これが録音された1960年代後半は珍しかったオリジナル楽器による演奏も、
このアルバムのヒットもあり、今では当たり前の演奏になっていますけれど、
今聴いても色褪せない演奏がとても魅力的です。

中学生の頃、音楽の時間でプラスッチックの縦笛を吹かされてましたけれど、
縦笛でこんなにも素適な音楽が演奏できることなんて知ったのは高校生の時、
しかしこのレコードは社会人になってから中古(100円)で求めたものです。

「涙のパヴァーヌ」や「忠実な羊飼い」もいいですが、
個人的には「ラ・フォリア」が好きで、高校生の頃によく聴いていました。
といってもブリュッヘンのこのレコードなど高くて買えなかったので、
テイチクの1,000円盤によるハンス・マリア・クナイスを愛聴していました。

クナイスの演奏はもっと端正で、教科書的と書かれていたりもしますが、
ブリュッヘンのはリズムやテンポを変化させ、時には装飾音もつけながら、
技巧的に満足できる素晴しい演奏を展開しています。
だたし、ちょっと媚びているような感じも受けてしまうのは、
それはクナイスの端正な演奏が染み付いているからかもしれませんね。

名匠グスタフ・レオンハルトと気鋭のアーノンクールによる伴奏も見事、
解説には各演奏曲目・使用楽譜・使用楽器の説明(永田仁)の他に、
串田孫一のエッセイ「笛を携えて」や永田仁による小論文も楽しめます。


posted by fronte360 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月の関西アマオケコンサート情報(追加2)

7月に、京阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について追加投稿します。

※6/22(追加)
 7/6:神戸学院大学管弦楽団 サマーコンサート
 7/19:龍谷大学学友会学術文化局交響楽団 サマーコンサート2014

部屋を片付けていたら阪神学生オーケストラ連盟のチラシが出てきて見落としに気付きました。 お近くの方や興味ある方は是非いらしてください。


posted by fronte360 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ふなくち菊水一番しぼり

140621_1353~0001.jpgいつものマーケット

今日は、菊水が3割引きになっていたので

連れて帰ってきました。

冷やして頂きませう♪
posted by fronte360 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする