最近の記事

2014年04月07日

大滝詠一、A LONG VACATION(ア・ロング・バケイション)

日曜日、夕方まだ陽のあるうちから飲み始めて(勿論家飲み)
陽がかげった頃からうたた寝してしまい、22時頃に目が覚めましたが、
歯磨きなどしてまた寝ることが出来たので(質は良くなかったとしても)、
なんとなく睡眠不足からくる疲労感はいくらか和らいだ月曜日でありました。

そんな月曜、早々に会社を退散して、ひと息ついて聴いているのは
昨年急逝した大滝詠一さんの1981年3月21日にリリースされたのアルバム。

P4076581
P4076581 posted by (C)fronte360

Side A
 君は天然色(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 Velvet Motel(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 カナリア諸島にて(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語(ストーリー)(作詞/作曲:大瀧詠一)
 我が心のピンボール(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)

Side B
 雨のウェンズデイ(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 スピーチ・バルーン(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 恋するカレン(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 FUN×4(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)
 さらばシベリア鉄道(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一)

「レコード・コレクターズ」2010年9月号の特集
「日本のロック・アルバム・ベスト100(1980年代編)」では第1位選出…
だそうですが、これがリリースされた同時代より愛聴していますが、
何度聴いても色あせることはありませんね。

サウンドは大滝さんらしく、色々な楽器や声がパッチワークのように、
組み合わさってオーバーダビング、時には意表をつく新鮮さもあって、
よく考えられた完成+αの想像力をかきたてられるものです。

そして歌詞がまたいいですね。
松本隆の私小説風の歌詞が、遠い日の花火のようでいて、
ほんのちょっとくすぶっている心をかきたててくれるようです。
がリリースされた同時代では、ぴったりと心に合っていたんでしょうけど…

懐かしくもウキウキとする20世紀の傑作アルバムです。



posted by fronte360 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご近所散歩・秋篠川源流は満開

寒い・・・今朝の奈良の最低気温は1.9度のようですね。
いまも2度ちょっと・・・

さて昨日、雨の予報で天気は下ってゆくとのこと、ご近所散歩に慌てて出発、
ド根性サクラのあと、案の定、雨がパラパラと落ちてきましたが・・・
秋篠川源流に到着

P4066573
P4066573 posted by (C)fronte360

見事な満開となっていました。

P4066575
P4066575 posted by (C)fronte360

雨がどんどんと落ちてきました。

P4066574
P4066574 posted by (C)fronte360

傘を持たずに出てきたので、
朝日川まで行くのやめて、ここで引き返すことにしました。

P4066576
P4066576 posted by (C)fronte360

「花冷え」という美しい言葉がありますけれど、
ちょっと冷えすぎでは、と思えるこの頃です。


posted by fronte360 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする