最近の記事

2014年01月22日

高知のお正月、江ノ口川〜大川筋火力発電所跡

昨年に続いて2年連続、大好きな高知でのお正月3日目、
潮江天満宮と高知八幡宮への初詣のあと高知駅前で龍馬パスポートを交換、
中古レコードも捕獲したあと江ノ口川にそって歩きました。

大町桂月生誕の地を過ぎると、つぎはこんな碑を発見。

P1035986
P1035986 posted by (C)fronte360

大川筋火力発電所跡
明治31年(1898年)に高知県内ではじめて火力発電所がつくられた、とのこと。
電灯事業のために土佐電灯株式会社が設置されて、ここの発電所より、
高知市の下知・江の口・旭地区などに電柱218本と配電線10Kmが整備され、
明治31年4月11日に高知県内初の電灯が点火されたそうです。
出力は、50Kwだったそうです

P1035988
P1035988 posted by (C)fronte360

川向うには高知県警察本部、右側の茂みは高知城の一角ですね。
さらに川沿いを進みます。

P1035987
P1035987 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする