最近の記事

2014年01月08日

追悼・大瀧詠一、はっぴいえんど

不覚にも大瀧詠一さんが亡くなったことを先ほど知りました。

年末12月30日、自宅で家族と夕食後のデザートに林檎を食べている時に倒れ、
救急搬送されたそうですが、解離性動脈瘤が破裂したようです。
享年65歳、ご冥福をお祈りいたします。

取り急ぎレコード棚より通称「ゆでめん」を出して聴いています。

P1086057
P1086057 posted by (C)fronte360

Side A
 春よ来い(作詞:松本隆、作曲:大滝詠一)
 かくれんぼ(作詞:松本隆、作曲:大滝詠一)
 しんしんしん(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)
 飛べない空(作詞・作曲:細野晴臣)
 敵 TANATOSを想起せよ!(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)

Side B
 あやか市のどうぶつえん(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)
 十二月の雨の日(作詞:松本隆、作曲:大滝詠一)
 いらいら(作詞・作曲: 大滝詠一)
 朝(作詞:松本隆、作曲:大滝詠一)
 はっぴいえんど(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)
 続はっぴーいいえーんど(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)

「はっぴいえんど」が、日本語のロックを造った先進的なバンドで、
日本の音楽史を変革したことが書かれていて、今またこうして聴いていると、
ラフで骨太なサウンドが1970年当時の空気を伝えていますね。

はっぴいえんど - はいからはくち




posted by fronte360 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知のお正月、高知城

昨年に続いて2年連続、大好きな高知でのお正月、
高知城の天守と本丸御殿は、懐徳館という資料館になっているのですね。

P1015856
P1015856 posted by (C)fronte360

江戸時代の本丸の建物が完全に残る唯一のお城でもあります。

P1015857
P1015857 posted by (C)fronte360

土佐の黒潮の波を型取ったという「打ち分けの波の欄間」
土佐の左甚五郎とも言われる武市甚七によるもので
この功績などで苗字が許されたそうです。

P1015859
P1015859 posted by (C)fronte360

P1015860
P1015860 posted by (C)fronte360

天守閣もいいですけれど、本丸御殿があるので好きですね。
二ノ丸御殿が出来るまでここで山内一豊と千代が暮していたそうです。

P1015865
P1015865 posted by (C)fronte360



検査の結果、今回もまた小さいながら手術になってしまい・・・
当分また禁酒となってしまいました。
ちょっと(かなり)年末年始は飲み過ぎていたようなので、
内臓をお休みさせるのにはいいかもしれません(と良い方向に考える)。
お金も節約できますしね。


posted by fronte360 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする