2013年11月01日

Char、THRILL using SL-6

11月になりました。 2ヶ月分のカレンダーではあと1枚ですね。
いつもながらあっと言う間の1年に愕然としますが・・・
とにかく目の前の1週間が終ってホッとしている自分もいます。

10月最終週は高校時代の友人との急な飲み会やら、
奥さんからのお誘いによる観劇もあって、週中より週末気分でしたけれど、
ようやっと本物の週末となりました。

久しぶりにステレオ・サブシステムに繋いだ Technics SL-6 でレコード鑑賞、
今回は、 1977年6月にリリースされた「気絶するほど悩ましい」が有名な
Char(竹中尚人)さんの3枚目のアルバム「Thrill」(1978年8月発売)

PB015339
PB015339 posted by (C)fronte360

ゴダイゴ(Godiego)のメンバーとの共演で、このアルバムリリース後には、
Godiegoとの共演ライヴ(男性のみ入場可)も行ったそうですね。

Side A
 YOU GOT THE MUSIC
  作詞:Char、Tommy Snyder、作曲:Char
 闘牛士
  作詞:阿久 悠、作曲:Char
 波
  作詞:天野 滋、作曲:Char
 THRILL
  作詞/作曲:Char
 MY FRIEND
  作詞/作曲:Char

Side B
 あいつのBOOGIE
  作詞/作曲:Char
 TOMORROW IS COMING FOR ME
  作詞:Tommy Snyder、作曲:Char
 表参道
  作詞/作曲:Char
 WONDERING AGAIN
  作詞:Tommy Snyder、作曲:Char

有名曲は「闘牛士」でしょう・・・薔薇を投げるなら 明日にしてくれ・・・
歌謡曲でヒット、この前には「逆光線」というヒット曲もありましたが、
「歌謡曲ロック」なんていう感じでした。

この当時このジャンルで世良公則&ツイスト、原田真二も流行っていましたが、
実力ではスタジオ・ミュージシャンでもあったChar(竹中尚人)は別格・・・
なんて思っていましたし、いまでもそう思っていますよ。

このアルバムも、売れ線狙いの「闘牛士」などを含みながらも
ロック・テイストがバンバン伝わってくる英語曲が4曲も含まれてます。
特にタイトル曲の「THRILL」、時代を先取りしてますよ。



シングル曲の「闘牛士」も阿久悠作詞による歌謡曲ながら
イントロのカット・ギターやら間奏ではギターはカッコ良いですな。




posted by fronte360 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京散歩・大森日枝神社

9月28日、1年半ぶりの東京散歩、大森に移動して駅前散策。
大森貝塚の石碑を見たあとNTTデータの前の道路を渡って反対側へ・・・
そこにあるのが日枝神社。

IMGP8449
IMGP8449 posted by (C)fronte360

ここも閑静な神社で、言葉は悪いけれども少々寂れた感がありますけど、
かえって人を寄せつけない「気」のようなものを感じさせて好きなところです。

IMGP8450
IMGP8450 posted by (C)fronte360

社殿脇にある稲荷社もまたいい雰囲気ですね。
右が山王稲荷社、左が栄利稲荷社ですが、手前の大きな鳥居は山王稲荷、
それはともかく中に入ってゆきますと・・・

IMGP8452
IMGP8452 posted by (C)fronte360

山王稲荷社の脇に、なんと庚申塔を2基発見しました。
タヌキの石像みたいなのもあって、この捨てられた感がなんとも・・・

IMGP8453
IMGP8453 posted by (C)fronte360

少し暗くなってきたので写真のせいもあって侘しさが漂いますけど、
よく見るとなかなかに立派な庚申塔じゃないですか。

IMGP8454
IMGP8454 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする