2013年10月20日

ペーター・マーク、モーツァルト/フリーメイソンのための音楽全集

朝から雨、気温も上がらず昨夜22時よりずっと 15℃台となってますね。
寒いのでセーターを出して着ました。 先週は半袖で汗かいていたんですが・・

今朝も早朝覚醒、4時に目覚めましたが頑張りました、ウトウトして5時起床。
平日と同じ時間ですが、ステレオ・メインシステムの部屋に移動、
音楽聴きながら、演奏会情報を更新しましたよ。

聴いていた音楽は、いつもながらの宗教曲ですけれども、
ちょっと毛色が違って、モーツァルトのフリーメイソンのための音楽全集

PA205334
PA205334 posted by (C)fronte360

モーツァルト/フリーメイソンのための音楽全集
 ペーター・マーク指揮 ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団・合唱団ほか

Side A
 詩篇歌「深き苦しみの淵よりわれ汝を呼ぶ」 K.93
 おお、聖なる絆よ(ヨハネ分団の儀式のための賛歌) K.148
 聖処女マリアの祝日のグランドゥアーレ「神の母、聖なるマリア」 K.273
 アダージョ ヘ長調 K.410
 アダージョ 変ロ長調  K.411(484a)

Side B
 カンタータ:汝、宇宙の魂に K.429(420a)
 歌曲「結社員の旅」 K.468
 フリーメイソンの喜び K.471
 フリーメイソンのための葬送音楽 K.477

Side C
 合唱付歌曲「今日ぞ泣かん、愛する兄弟よ」 K.483
 合唱付歌曲「汝、われらの新しき指導者よ」 K.484
 アダージョとフーガ ハ短調 K.546
 アダージョとロンド ハ短調・ハ長調 K.617
 教会音楽モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 K.618

Side D
 ドイツ語の小カンタータ「無限なる宇宙の創造者を崇敬する汝らが」 K.619
 フリーメイソン 小カンタータ K.623
 フリーメイソンの歌「我ら手に手を取って」 K.623a

2枚組(4面)に全17曲が収録。
アヴェ・ヴェルム・コルプスなどフリーメイソンの音楽ではない曲も・・・
解説によると、会員に好まれて儀式などで使われた曲も含まれています。
なお解説は、モーツァルト研究の権威・海老沢敏先生であります。

フリーメイソンは18世紀ヨーロッパで流行し、現在も存続している友愛結社。
秘密結社とも言われているので、ちょっと胡散臭い団体、その音楽・・・
なんて誤解されがちですけれど、モーツァルトの音楽は美しく素適です。

「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つの基本理念にふさわしく
どの曲も清廉で明るく正しい雰囲気を持っていて、ペータ・マークの指揮も、
折り目正しくも温もりを感じさせます。

声楽曲や器楽曲、合唱曲が散りばめられている構成もまた好ましいですね。

器楽曲のアダージョとロンド ハ短調・ハ長調 K.617 は、
フルート、ヴィオラ、チェロとチェレスタによる演奏ですが、
このチェレスタの響きが可愛らしく、晩年のモーツァルトの作風も反映し、
天上的な美しさを持った曲ですね。

元来、盲目の音楽家マリアンネ・キルヒゲスナーのグラスハルモニカ
(アルモニカ armonica)の演奏を目指したものだそうですが、
この天上的な美しさによってフリーメイソンの会員に好まれたそうです。

色々な発見のあるレコード。 最近のお気に入りです。


posted by fronte360 at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月の関西アマオケコンサート情報(追加2)

11月に、京阪神で開催されるアマオケ関連の演奏会について追加投稿します。

※10/20(追加)
 11/3:すばる交響楽団 第22回定期演奏会
 11/9:フィロムジカ・スカーレット 第3回演奏会
 11/20:大阪芸術大学管弦楽団 平成25年度特別演奏会
 11/23:聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 演奏会
 11/26:大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース 第57回定期演奏会

我太呂さんからの情報(いつもありがとうございます)に加え、
自力発見したものを加えています。
興味ある方は是非いらしてください。